NTT ドコモは、通話や対面の会話で通訳するサービス「はなして翻訳」を11月1日から、外国語の文字などにスマートフォンやタブレットのカメラをかざすと翻訳して表示するサービス「うつして翻訳」を10月11日から提供開始する。

「はなして翻訳」は、通話や対面のシーンにおいて、通訳機能により異なる言語での会話を実現するサービス。2012年9月30日まで試験提供をしていたが、今回商用化に至った。通話料および通信料のみで利用できる。対応機種は Android 2.2 以上搭載のドコモのスマートフォンおよびタブレット。専用アプリは Google play およびドコモアプリケーションマネージャで無償ダウンロード提供する。

通話利用では、発信した通話を相手方の言語に通訳する。対応言語は、英語/中国語/韓国語の3か国語。発信側はドコモユーザーであることが条件だが、着信側には制限がなく他のキャリアの携帯電話や固定電話でも着信できる。

NTT ドコモ、スマホ/タブレット対応「はなして翻訳」「うつして翻訳」を提供
「はなして翻訳」:通話時の利用イメージ
 
対面利用では、1台のスマートフォンもしくはタブレットを相手と共用することで、通訳機能を利用した会話ができる。対応言語は、サービス開始時には英語/中国語/韓国語の3か国語。11月中には、ドイツ語/フランス語/スペイン語/ポルトガル語/イタリア語/タイ語/インドネシア語を追加し、合計10か国語に対応する予定。

「はなして翻訳」:対面で会話する際の利用イメージ
「はなして翻訳」:対面で会話する際の利用イメージ

そのほか、通訳された内容が正しいかどうかを発話者が確認できるように、通訳内容を発話した言語に再翻訳する機能も備えている。

「うつして翻訳」は、料理メニューや街中にある看板の外国語に、スマートフォンやタブレットのカメラをかざすと日本語訳を表示する。対応言語は、英語/中国語/韓国語の3か国語。利用料金は無料で、データ通信なしで翻訳できる。利用には、専用アプリ「うつして翻訳」と「うつして翻訳用辞書」のインストールが必要。両アプリは Android 2.3 以上に対応し、Google play およびドコモアプリケーションマネージャで無償ダウンロード提供する。

また、日本語の料理メニューや看板を英語/中国語/韓国語へ翻訳することもできる。これにより、海外の携帯電話事業者のスマートフォンユーザーも、日本国内でサービスを利用できるという。

「うつして翻訳」利用イメージ
「うつして翻訳」利用イメージ