Mobile

モバイル

発売されたマンガがすぐにアニメで楽しめるスマホ向けサービス「Tomo Toon」がスタート -- 「ジャンプ SQ.」最新号で第1弾作品を公開

japan.internet.com 編集部
2012年8月6日 / 11:00
 
 
 
Next Media Animation Japan は2012年8月4日、同日に発売された集英社のマンガ雑誌「ジャンプ SQ.」9月号において、雑誌に掲載されたマンガをすぐにアニメーションコンテンツとして楽しむことができるスマートフォン向けサービス「Tomo Toon(トモトゥーン)」のサービス提供を開始した。

2012年8月4日に発売された「ジャンプ SQ.」9月号
2012年8月4日に発売された「ジャンプ SQ.」9月号

このサービスは、「ジャンプ SQ.」の新作マンガに QR コードが印刷されており、スマートフォンでこの QR コードを読み取ると、掲載されているマンガが掲載と同時にアニメーションコンテンツとしてスマホ上で楽しめるという。「Tomo Toon(トモトゥーン)」に対応したマンガの第1弾として「ジャンプ SQ.」9月号に掲載されるのは、『シャーマンキング』などを代表作とする人気漫画家・武井宏之氏の最新作『ヤハべえ』。「Tomo Toon」によるアニメの視聴は無料で楽しむことができる。

雑誌に掲載された最新マンガがすぐにアニメでも楽しめる
雑誌に掲載された最新マンガがすぐにアニメでも楽しめる
「ヤハベえ」TOMOTOONトレーラー

Next Media Animation Japan によると、マンガのアニメ化には「アニメ化に時間が掛かる」「原作のストックが必要」など障壁が多い点が課題だったという。そこで「Tomo Toon」では、広井王子氏のアートディレクションと450人の CG 制作スタッフによって、マンガの生原稿からフルカラームービーの制作までを素早くできる体制を構築。マンガの台詞、描写、空気感、世界観をそのままに、キャラクターの 3D 化、ビデオコンテの制作、アフレコの録音、モーションキャプチャー、編集などの作業を圧倒的な速さで行い、雑誌の発売と同時にアニメ化することに成功したのだという。

生原稿を元にCG 制作スタッフがアニメーションを制作
生原稿を元にCG 制作スタッフがアニメーションを制作

同社は、今後「Tomo Toon」がマンガの新たな楽しみ方のひとつとして定着することを目指し、また日本のコンテンツを世界に広げるエンターテインメントを実現したいとしている。

■「ヤハベえ」TOMOTOONトレーラー
http://www.youtube.com/watch?v=Hhf9D3B8x04

■「Tomo Toon」オフィシャルウェブサイト
http://nxtomo.jp/

■集英社ホームページ
http://jumpsq.shueisha.co.jp/
【関連記事】
ドコモ、「GALAXY S II LTE」ソフト更新で異常発生、提供を一時中断
誰でも簡単に外国語を使いこなせる時代が到来? 「音声翻訳アプリ」の実力をチェックする
マクドナルドのハッピーセットに「ポケモン」のおもちゃ6種類が登場
au、人気コメディアニメ「紙兎ロペ」とタイアップしたムービーの第2弾を公開
中国最大級のインターネット著作権侵害掲示板が検挙

関連キーワード:
スマートフォン
 
YouTube
 
録音
 
アニメ
 
漫画
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites