japan.internet.com
モバイル2012年8月3日 06:00

日本通信、電話 SIM の販売を開始―音声/データで月額2,980円

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20120803/1.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
日本通信は2012年8月1日、スマートフォンを電話としても利用するユーザー向けに、「電話 MVNO」として電話 SIM の販売を開始する、と発表した。

電話 MVNO の第1弾として同日、「スマホ電話 SIM」の販売を開始した。

「スマホ電話 SIM」では通話プラン3種類(S、M、L)を用意、通話量によって選択できるようにした。通話プラン S の場合、2年縛りなどの契約制限なしで、月額1,290円(1,365円分の通話料を含む)から利用できる。

通話量の多いユーザー向けの通話プラン L では、月額3,710円の基本料に無料通話分が5,250円分含まれている。無料通話分を使い終わっても、通話料金は14.7円/30秒。

さらに「スマホ電話 SIM」にはデータ通信オプション「U200+Turbo Charge」がある。ベースとなるデータ通信速度は 200kbps。

また、8月下旬からは、「Turbo Charge」を開始する。

U200+Turbo Charge データ通信オプションの月額料金は1,690円で、Turbo Charge は 100MB を525円で利用できる。通話プラン S(1,290円)にこのオプション(1,690円)を加えても、月額2,980円と、低価格の通話プラン+データ通信となる。

データ通信オプションにはもうひとつあり、月額2,990円で月に 2GB までは高速通信ができるもの。2GB を使い終わっても 100kbps で通信できる。Turbo Charge に対応しているので、さらに高速通信したい場合には、ワンタッチで切り替えられる。

代表取締役社長の三田聖二氏は、次のように語っている。

 「世界初のデータ MVNO を始めてから11年、ドコモ 3G での暫定データ通信サービス開始から丸4年を迎える今、日本通信は新たな、そして大きな一歩を『電話 MVNO』としてスタートする。まず第1弾は、『スマホ電話 SIM』だが、携帯音声網との相互接続や LTE におけるフル IP 電話サービスなど、電話 MVNO としての成長戦略を着実に準備し、一つひとつ提供していく計画。電話 MVNO としての日本通信の歩みに期待してほしい」
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.