Mobile

モバイル

ドコモ、「GALAXY S II SC-02C」を Android 4.0へ更新開始

japan.internet.com 編集部
2012年7月3日 / 11:20
 
 
NTT ドコモは2012年7月3日、Android 2.3 搭載スマートフォン「GALAXY S II SC-02C」(韓国 Samsung Electronics 製)の OS を最新版である Android 4.0(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)にアップデートするため、更新用ファイルの提供を開始した。

ドコモ、「GALAXY S II SC-02C」を Android 4.0へ更新開始
GALAXY S II SC-02C

アップデートで OS が Android 4.0 になるほか、顔認証による画面ロック解除機能の追加、ユーザー インターフェイス(UI)の改良、バッテリ残量表示のステータスバーへの追加が行われる。また、アプリケーション「Play ムービー」「災害用キット」を追加し、「G ガイド番組表」アプリケーションからワンセグを起動できない問題を解決する。

今回のアップデートは、自動更新に対応していない。無線 LAN(Wi-Fi)経由もしくはWindows パソコン用管理ソフトウェア「Samsung Kies」を使って、手動で実行する必要がある。Wi-Fi 経由だと、GALAXY S II に搭載されているソフトウェアのバージョンが古いと、1回の更新処理では最新バージョンにアップデートできず、最大4回の更新が必要。パソコン経由なら、1回の更新で最新バージョンにできる。

なお、NTT ドコモは3月に Android 4.0アップデート対象のスマートフォン/タブレット端末18機種を発表。その後、7月2日にスマートフォン3機種を対象に追加した。

Android 4.0(Ice Cream Sandwich)のイメージ キャラクタ
Android 4.0(Ice Cream Sandwich)のイメージ キャラクタ

ただし、米国 Google は次期 OS「Android 4.1」(開発コード名「Jelly Bean」)を発表済み。7月中旬に「Galaxy Nexus」「Motorola Xoom」「Nexus S」向けアップデート提供を開始する。

Android 4.1(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ
Android 4.1(Jelly Bean)のイメージ キャラクタ
*クリックして関連記事へ移動

※7月4日追記(japan.internet.com 編集部):NTT ドコモは7月4日、当アップデートを適用すると GALAXY S II のキーボードが使用できない状態になる場合があるとして、アップデート提供を中断しました。詳細については、関連記事をご覧下さい。
【関連記事】
ドコモ、「Disney Mobile」「GALAXY Note」を Android 4.0へ
KDDI、ソフト更新で既存スマホの Wi-Fi 機能を改善へ
初代「iPhone」発売5年、米国の利用者数3,500万人で最多は「iPhone 4」
KDDI、テンキー付きスライド型スマホ「AQUOS PHONE SL」発売
ハワイ旅行者は、ハワイにスマホを持っていくのか?―日本人渡航者向け「携帯電話・スマートフォン海外利用実態調査」

関連キーワード:
Google
 
GALAXY
 
タブレット
 
スマートフォン
 
Wi-Fi
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites