japan.internet.com
モバイル2012年6月28日 07:10

福岡市、同市主体の無料 Wi-Fi が地下鉄全駅や空港でも利用可能に

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20120628/3.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
福岡市は2012年6月29日、4月より提供している同市主体の無料公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「Fukuoka City Wi-Fi」のアクセス ポイントを増やし、市内の41か所で利用できるようにした。今回の増強により、自治体主体の無料 Wi-Fi サービスとしては国内最大級の拠点数になったとしている。

福岡市、同市主体の無料 Wi-Fi が地下鉄全駅や空港でも利用可能に
Fukuoka City Wi-Fi
*クリックして関連記事へ移動

Fukuoka City Wi-Fi は、(1)海外からの旅行客を始めとする来訪者に対する利便性の向上、(2)情報発信力の強化、(3)災害時の活用が目的の取り組み。誰でも無料で、1日何回でも利用できる。ただし、1回の接続時間は15分まで。有害サイトにアクセスできないようフィルタリングも行う。第一弾として、4月27日に福岡市営地下鉄(福岡市交通局)空港線の全駅、市役所本庁舎の1階ロビーと西広場、天神の観光案内所でサービスを開始した(関連記事)。

アクセス ポイントを増やしたことで、新たに市営地下鉄の箱崎線/七隈線の全駅、JR 博多駅構内の観光案内所、福岡空港の国内線ターミナル、博多港の国際ターミナルでもサービスが利用できるようになった。ちなみに、自治体が地下鉄の駅で無料 Wi-Fi サービスを提供するのは、全国初のケースだそうだ。

利用可能な場所の例
利用可能な場所の例
*クリックして拡大

また、Fukuoka City Wi-Fi 用ポータル画面の提供も始めた。同画面は Web ブラウザを起動すると最初に表示され、現在地の情報や福岡市からのお知らせにアクセスしやすいという。災害発生などの緊急時には、市の防災/危機管理情報も分かりやすく配信する。さらに甚大な災害などの場合には、より簡単にインターネットを利用できるよう、アクセス ポイントの開放も行う。

専用ポータル画面
専用ポータル画面
*クリックして拡大

今後は、さらなる拠点拡大を図るとともに、利用促進に向けた Wi-Fi 活用スタンプ ラリー企画などを検討する。利用者アンケートも実施する予定。

同サービスの運営などはNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が担当する。

なお、福岡市は情報発信の手段として以前から ITC を積極的に活用しており、例えば2012年2月には SNS「Google+」内に公式ページ「Google+ 福岡チャンネル」を開設した。「YouTube」「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」でも公式チャンネルを開設し、各種動画を配信している。

福岡市が YouTube に掲載しているビデオの例
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.