Mobile

モバイル

600万人を熱狂させるソーシャルコンテンツ「ドラコレ」の仕掛け人に聞く、成功の裏にある“本気のものづくり”

japan.internet.com 編集部
2012年6月15日 / 18:00
 
 
 
長年、家庭用ゲーム機やアーケードゲームで数多くの人気タイトルを世に送り出してきたコナミデジタルエンタテインメントが、ソーシャルコンテンツ市場で他を寄せつけいない快進撃を続けている。同社の人気タイトルである「ドラゴンコレクション(ドラコレ)」は、ユーザー数が600万人を超え、昨年は『日本ゲーム大賞2011 フューチャー部門「特別賞」』をソーシャルコンテンツとして初めて受賞するなど、日本のソーシャルコンテンツで最も大きな成功を収めたタイトルのひとつとなっている。

株式会社コナミデジタルエンタテインメント ドラコレスタジオ 兼吉プロダクション エグゼクティブプロデューサー 兼吉 完聡氏
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
ドラコレスタジオ 兼吉プロダクション
エグゼクティブプロデューサー 兼吉 完聡氏
ゲーム作りのプロ集団であるコナミデジタルエンタテインメントがソーシャルコンテンツをどのように捉え、そしてどのような考え方で「ドラコレ」を通じて様々なものづくりに挑戦し、ファンを生み出し、育て続けているのだろうか。「ドラゴンコレクション」の総責任者であるエグゼクティブプロデューサーの兼吉 完聡氏にお話を伺った。

兼吉氏は、人気タイトル『メタルギア』シリーズの制作に携わった後に、『ドラゴンコレクション』の企画、ディレクション、プロデュースを担当。現在はソーシャルコンテンツの制作を中心とした制作スタジオ“ドラコレスタジオ”のエグゼクティブプロデューサーとして、さまざまなプロジェクトの指揮をとっている。


● 「ゲームメーカーとしてどれだけ面白いことができるか」-- ドラコレ誕生前夜

まずは、兼吉氏に「ドラコレ」が生まれた経緯とそのコンセプトについてお話を伺った。「ドラコレ」が生まれる前に人気の高かったソーシャルコンテンツは、“農園”や“お店”など私たちの生活に身近なものが中心的なテーマで、私たちはコミュニケーションを楽しむ“場”としてソーシャルコンテンツを利用していた。しかし、兼吉氏はこの当時のトレンドに合わせるのではなく、「ゲームメーカーとしてどれだけ面白いことができるか」という自社ならではのオリジナリティを第一に考えたという。「当時の流行に流されず、あえてゲームの王道である“ファンタジー”や“RPG”に“カードゲーム”という要素を加えて、『ドラコレ』のコンセプトを生み出した」と兼吉氏は語る。

しかし、様々な価値観を持った人たちが交流し、楽しみを生み出すソーシャルコンテンツでは、多くの人に受け入れられるコンセプトを打ち出さなければ、ゲームを盛り上げることはできない。兼吉氏はその点にも配慮し、ゲームのターゲット層はあえて広く考え、ゲームの世界観を生み出したという。「“ファンタジー”(世界観)の完成度を目指しながら、ただそれが一部の人だけを対象にしたニッチコンテンツにならないよう、バランスを重視した。できるだけ幅広いユーザーに遊んでもらい、誰からも愛されるゲームになることを目指して企画した。」(兼吉氏)。

● ソーシャルコンテンツは、成長する -- 運営者とユーザーが共に育てるという意識が重要

コナミデジタルエンタテインメントがソーシャルコンテンツに進出する以前、同社は「ウイニングイレブン」「メタルギア」シリーズなどの家庭用ゲーム、「ダンスダンスレボリューション」「クイズ マジックアカデミー」などのアーケードゲームで数多くのヒット作、しかもロングセラーを生み出してきた。改めて同社はソーシャルコンテンツをどのようなものと捉えているのだろうか。

兼吉氏は、従来のゲームとソーシャルコンテンツの違いについて、「制作者がどこまで完成させるかに違いがある」と語る。つまり、一般的に「ゲーム」と言われるものはメーカーがコンセプトからユーザーインターフェイス、ゲーム内イベントなどあらゆることを全て煮詰めて、完成させた状態で市場に送り出し、後で修正やアップデートをすることは、非常に難しい。しかし、ソーシャルコンテンツはあえて運営者が“完璧”を目指さず、ユーザーの利用動向や意見を元にアップデートを続けていくことが重要なのだという。

「ソーシャルコンテンツは、ユーザーの意見で成長する。運営者の意思や生み出す価値と、ユーザーの意見が、一緒になってゲームを育てるものだと考えている」(兼吉氏)。運営者が全てを作りこんでユーザーに提供するのではなく、ユーザーの意見に基づいて軌道修正できる“余裕”を作っておくことで、よりユーザーニーズに適うゲームを作ることができると考えているのだ。

この両者の違いは、ゲームの制作・運営の現場にも変化をもたらしたという。今までの制作現場は全てのスタッフの役割が明確に割り当てられており、担当者は個々に課せられた役割を完遂することがミッションだった。しかし、「ドラコレ」のスタジオでは、役割に関係なくスタッフ全員がゲーム全体の動きに意識を向け、全員が“連携”や“スピード”を重視してゲーム運営や制作にあたっているという。「スタッフ全員が『ドラコレ』の企画者のつもりでゲームのことやユーザーのことを第一に考え、コミュニケーションしながらそれぞれの立場で能力を発揮し、ゲームを作っていくことが重要だ。」(兼吉氏)。

ゲーム運営者は、今まで以上にユーザー目線でゲームを考え、リアルタイムに届くユーザーからの声をキャッチアップすることが重要になる。この“リアルタイム性”は、スタッフにとっても大きなモチベーションになっているのだそうだ。「制作の間隔は、最短で“当日中に対応する”などスピードが求められる大変な作業ではある。しかし、制作したものをリリースしてすぐにユーザーの反応があるというのは、今までのゲーム制作にはないモチベーションだ」(兼吉氏)。

● ユーザーが夢中になる背景に、「ドラコレ」の徹底したこだわりが

次に、同社はゲームの“楽しさ”、「ドラコレ」が目指す“楽しさ”をどのように考えているのかについて伺った。ゲームが長く愛されるコンテンツになるためには、そこにユーザーを引きつけ、夢中にする“何か”があり、しかもその気持ちが長く続くような深い魅力がなければならない。特に、価値観が多様化し、ユーザーの目の前に様々な魅力的な選択肢が並ぶ現在においては、この点が非常に重要だ。

兼吉氏は、「ドラコレ」が誕生した当時、他のソーシャルコンテンツと圧倒的に違っていた点として、「イベント開催のスピード感」を挙げた。現在は「ドラコレ」の成功に他社も追従してこれがスタンダードになりつつあるが、当時の「ドラコレ」程のスピード感で運営できる SAP は存在していなかった。「ユーザーを決して飽きさせないように、常に新しい何かを体験できるようにする工夫は、非常に注意して運営している」と兼吉氏は語る。

また、このイベントの企画において最も重視しているのが、ユーザー同士のコミュニケーションだという。ソーシャルグラフで繋がる友人同士がゲームの中で一緒に楽しめる環境を生み出すことで、ユーザー同士の繋がりがゲーム全体の活性化に繋がると考えたのだ。

例えば、自分の持っているカードと友人10人のカードでモンスターと闘うという内容のイベントでは、ユーザーがイベントに参加するためにソーシャルグラフで繋がる友人をゲームに誘ったり、ゲームを楽しみながらリアルでも話題になるなど盛り上がりを見せたという。携帯電話やスマートフォンで遊ぶソーシャルコンテンツは基本的に1人で遊ぶものだが、ゲームの中で友人とイベントを楽しむことを通じて「バーチャルな場でありながら、リアルな仲間と一緒に遊んでいる」という感覚を体験することができたのだ。

次にこだわっている点が、ゲームのデザインだ。ゲームデザインには大きく分けて“ユーザーインターフェイス”と“キャラクターデザイン”があるが、この両方において同社が長年家庭用ゲームやアーケードゲームで培ってきたノウハウを注ぎ込み、ユーザーの「使いやすさ」を追求しているのだという。UI においてはユーザーの利用動向をデータマイニングに基づく最適化とクリエイター視点を取り入れ、ボタンの配列から徹底的にユーザーがストレスなく遊べる UI を追求しているほか、キャラクターデザインにおいては完成度の高さを目指しながらもスペックの異なるモバイルデバイスで表示させたときに最適に表現できるクオリティを追求しているのだそうだ。

これに加えて、ゲームの QA(品質保証)の点に関しても万全の体制でチェックを行い、安定してゲームをユーザーに提供できる努力を続けているという。「600万人という多くのユーザーの情報を預からせてもらっている立場では、ひとつの不具合が多くのユーザーのモチベーションを下げてしまうだけでなく、ソーシャルコンテンツ市場全体に大きな影響を与えかねないと感じている。その責任感を持って、私たちはしっかりしたクオリティのゲームを届けなければならない」(兼吉氏)。

兼吉氏によると、ソーシャルコンテンツにとって、そのタイトルを長く愛してもらうために最も大切なのは、決して目先の収益性ではなく、“生み出す世界観や楽しさにどれだけ共感してもらえるか”という点だという。

● 「ドラゴンコレクション」は、まだ完成していない

最後に、コナミデジタルエンタテインメントが考える「ゲーム作りで一番大切なこと」はなにか、そしてこれから「ドラコレ」をどのようなゲームに育てていきたいかを聞いた。

兼吉氏はこの点において、「ユーザーを楽しませることを徹底的に考える。その姿勢が最も重要だ」と語る。リアルタイムに成長を続けるソーシャルコンテンツにおいて、全てが順調に進むことは少なくなく、ユーザーからは様々な意見や不満が寄せられることもあれば、制作・運営の現場でも課題は日々生まれてくる。その意見や課題に目を背けることなく真摯に向き合い、その結果ユーザーの更なる楽しみや満足度を生み出すことが重要なのだ。

「『ドラコレ』はまだ完成したとは思っていない。『完成した』と思ったら、そこで成長は止まる。ソーシャルコンテンツ市場を牽引する立場として、市場の成長のために常にチャレンジャーのつもりでコンテンツを生み出し、ユーザーと共に『ドラコレ』を世界で一番面白いソーシャルコンテンツにしたい。ユーザーに楽しみ続けて頂くことが『ドラコレ』の使命であり、“10年続いて一人前”と言われるコンテンツビジネスにおいて、10年後も確固たる地位で『ドラコレ』のコンテンツを生み出し続けることが、コナミデジタルエンタテインメントがソーシャルコンテンツ市場に対して果たすべき使命だと考えている」(兼吉氏)。

 「ドラゴンコレクション」の将来について語る兼吉氏
 「ドラゴンコレクション」の将来について語る兼吉氏
【関連記事】
『ドラコレ』を世界中に愛されるブランドにしたい -- KONAMI の人気ソーシャルゲームを支える制作者たち(3)
”安定”と”挑戦”を両立しながら、『ドラコレ』のネットワークを支える -- KONAMI の人気ソーシャルゲームを支える制作者たち(2)
スタジオの全員が一丸となって”妥協しないモノ作り”を追求する -- KONAMI の人気ソーシャルゲームを支える制作者たち(1)
「巨大なモアイ」のモニュメントと「人間ドラゴン」が渋谷に”降臨” -- KONAMI『ドラコレ』がイベントを開催
22日に渋谷で何かが起こる? -- 人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション』が謎の告知

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites