Mobile

モバイル

地震危険度を AR で合成表示する iPhone アプリ「AR ハザードスコープ Lite」

japan.internet.com 編集部
2012年6月13日 / 06:30
 
 
 
キャドセンターは2012年5月30日、iPhone のカメラでとらえた映像にその地点の「地震危険度情報」を AR(拡張現実) で合成表示するアプリ「AR ハザードスコープ Lite」を公開したと発表した。iTunes App Store で無償ダウンロード提供中。iOS の対応バージョンは4.0以上。今夏には、Android 端末にも対応予定としている。

地震危険度を AR で合成表示する iPhone アプリ「AR ハザードスコープ Lite」
AR で実際の映像に地震危険度情報を合成する

同アプリは、GPS(全地球測位システム)、電子コンパスなどの情報と連動して、iPhone のカメラで撮影された映像に、現在地の防災情報を合成して表示する。東京23区の避難所情報、火災危険度、建物倒壊危険度情報を提供している。

23区の避難所情報は、現在地から最寄の避難所(各自治体指定)への距離と方向を示す。火災危険度は東京消防庁測定の火気、電気器具の出火率や使用状況などにもとづく出火の危険性と建物の構造や間隔にもとづく延焼の危険性を加味して火災の影響が広域に及ぶ危険性を5段階の色分けで表示。建物倒壊危険度は、建物の種類や構造、築年数、地盤特性をもとに、建物が壊れたり傾いたりする危険度を5段階で計測する。これらはすべて、iPhone で撮影された実際の風景上に AR で合成される。

 
東京23区の自治体指定の避難所情報を表示
23区の自治体指定避難所への距離/方向を表示

火災危険度は出火の危険性と延焼の危険性を基に算出
火災危険度は出火と延焼の危険性をもとに算出

同社は同アプリの想定利用シーンを「学術機関の研究、自治体の減災対策、教育機関の防災非難教育、地域の防災教育また防災イベントでの利用や、ハザードマップの可視化への一環として新たな手法」としている。なお、同アプリの活用術や関連情報については、「Facebook ページ」で閲覧可能。

紹介ビデオ
【関連記事】
電通、店頭での書籍プロモーションを可能にする AR アプリサービス「ミル+」を提供へ
登山やハイキングで山座同定できる Android アプリ「山カメラ。」の最新版がリリース
ソフトバンクモバイル、気球による災害時用の臨時基地局を実験
パイオニア、カーナビ情報を前方の景色に AR 表示する HUD 対応モデル
津波の浸水深を再現し、正確なデータを蓄積できる iPhone アプリが提供開始

関連キーワード:
iPhone
 
Android
 
Facebook
 
iOS
 
GPS
 
AR
 
防災
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites