Mobile

モバイル

トイレ内での孤独を癒してくれる(?)スマートフォンアプリ―iPoo

japan.internet.com 編集部
2012年6月11日 / 17:50
 
 
 
iPoo」は、トイレで便器にしゃがんでいる人だけに向けたソーシャルネットワークアプリ。狭い個室で退屈している人の孤独を癒すことを目的に、米国 Ceilinghouse によって開発された。iOS 4.0 および Android OS 2.0 以降に対応。iTunes App Store および Google Play アプリストアから購入できる。価格は iOS 向けが85円で、Android OS 向けが99円。

トイレ内での孤独を癒してくれる(?)スマートフォンアプリ―iPoo
iPoo アプリロゴ

iPoo は、トイレの中だけで利用される SNS サービス。トイレに座りスマートフォンで iPoo を起動すれば、自分と同じように便器に座っている人とリアルタイムで繋がりを持ち、メッセージや落書きを共有することが可能になる。

iPoo のメイン機能であるメッセージ共有画面
iPoo のメイン機能であるメッセージ共有画面
投稿には、少しばかり下品なものが目立つ

iPoo では、メッセージ交換の他に、リアルタイムな「Stats(統計)」機能や、「Map View(地図表示)」機能も搭載している。

Stats 機能では、便器にしゃがんで iPoo にチェックインしている人の数、水洗に使われている水の総量、流されたトイレットペーパーの量、水とトイレットペーパーにかかる費用、排出されたメタンガスの総量などがリアルタイムで表示される。

iPoo による統計画面
iPoo による統計画面
全米で86人が便器にしゃがんでいることがわかる

Map View 機能ではスマートフォンの位置情報を利用し、iPoo にチェックインしている仲間たちがどこでしゃがんでいるのかをリアルタイムで地図上に表示できる。いまこのとき、便座に腰かけているのが自分だけではないとわかると、孤独が癒されるから不思議だ。

便器に座っている人の場所が地図上に リアルタイムに表示される
便座に腰かけている人の場所が地図上に
リアルタイムに表示される
表示がちょっとばかり下品なのが残念だ

同アプリではその他、「Tidbits」などのおまけ機能も付属する。この機能では、「人はその生涯で、睡眠中に平均して8匹のクモを食べている」などの、実生活でまるで役に立たない情報がおよそ1,000件提供されている。

なお、同アプリは英語にのみ対応しており、日本語は使用できない。また、日本で使用した場合、利用者が少ないためか仲間があまり見つからないという欠点もある。
【関連記事】
立ち上がれ、群馬以外の県民よ!―「ぐんまのやぼう」全国版「にほんのあらそい」リリース
ディー・ワークス、スマートフォンアプリのアクティブユニークユーザー数を計測する無料解析サービスを開始
休みの言い訳(会社用)バージョン1.2 がリリース―休みの理由を手動で入力可能に!
圏外でも快適にニュースが読める iPhone アプリ「ニュースボード」が公開
芸能人のチャットを覗き見できるサービス「peep」が公開

関連キーワード:
Google
 
スマートフォン
 
Android
 
iOS
 
SNS
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites