Mobile

モバイル

振動で騒音を制す--「URBANO PROGRESSO」はスマホにおける「通話」の常識を覆すか

japan.internet.com 編集部
2012年5月31日 / 16:00
 
 
KDDI と沖縄セルラー電話が2012年5月30日より販売を開始した「URBANO PROGRESSO(アルバーノ プログレッソ)」(京セラ製)は、音と振動で相手の声を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載した Android スマートフォンだ。同日より東京ビッグサイトで開催されている「ワイヤレスジャパン2012」の京セラブースで、スマートソニックレシーバーを使った通話を実際に体験することができる。

5月30日より販売が開始された「URBANO PROGRESSO」(Orange)
5月30日より販売が開始された「URBANO PROGRESSO」(Orange)
*クリックして拡大

■ 画面を振動させ、相手の声を耳に直接伝える「スマートソニックレシーバー」

京セラと KDDI が共同で開発したスマートソニックレシーバーは、相手の声を圧電素子が振動に変換し、ディスプレイ部を振動させる。これにより、ディスプレイに耳を当てることで相手の声を聞き取れるほか、スマートフォンやフィーチャーフォンが従来より備える受話口をオミットすることでスリムなフォルムを実現している。

ディスプレイ全体がレシーバーとなるため、耳をディスプレイで覆うように本機を持てば、周囲の騒音を遮蔽して通話ができる。実際に、騒音を流し続ける指向性スピーカーの前に立って通話を試みたところ、騒音が障害になることもなく相手と会話することができた。ディスプレイから聞こえてくる相手の声も非常にクリアで聞き取りやすく、会話に集中できると感じた。説明員によると、耳をディスプレイで覆って通話することで、駅のホームや人通りが多い交差点、工事現場などでも受話口を備える端末以上に快適な通話ができるそうだ。

本機のディスプレイで耳を覆えば、騒音を流し続ける指向性スピーカーの前でも難なく電話ができる
本機のディスプレイで耳を覆えば、
騒音を流し続ける指向性スピーカーの前でも難なく電話ができる

ディスプレイが受話口の役割を果たすことで、通話の際に耳を当てる位置を気にすることもない。よくスマートフォンやフィーチャーフォンを耳と肩で挟んで通話をすると、受話口が耳からずれて相手の声が聞き取りづらくなるが、本機では無縁だろう。横になりながらや、作業をしながらといった「ながら通話」が多いユーザーには重宝するかもしれない。

振動で声を伝達するため、例えば耳がイヤホンなどで塞がっていてもイヤホンに本機を押し当てれば、相手の声を聞き取ることができる。本ブースでは、騒音が流れ続けるヘッドホンを装着し、ヘッドホンの上から本機を押し当てて通話をするということもできるが、相手の声が騒音にかき消されることなく耳に入り込んでくるようだった。

騒音が流れるヘッドホンの上からでも相手の声がクリアに聞こえてくる
騒音が流れるヘッドホンの上からでも相手の声がクリアに聞こえてくる

このほかにも本機は、相手の声の高音域に強弱をつけることで聞き取りやすさを向上させたり、会話の間の無音部分を利用して通話相手の話すスピードを調整する機能、2つのマイクを連携させて自分の声と周りの雑音を認識し騒音を低減するノイズキャンセル機能なども備える。処理能力や耐衝撃性などに重きを置くなど様々な特徴をもつスマートフォンが現れる中、「URBANO PROGRESSO」は通話にこだわった機種と言えよう。

■ エルダー層の心をくすぐる洗練されたデザインに「全部入り」を実現

筐体の基本デザインは先代の「DIGNO ISW11K」を踏襲しているが、エルダー層をターゲットとする「URBANO」の名を冠するだけあって、外観と GUI は上質なデザインに仕上がっている。前面のフレームは金属調の塗装が施され、ロックスクリーンには高級感を演出するアナログ時計を採用。ライブ壁紙には、幻想的にゆらぐ光の筋が特徴的な「Premium Liquid」などが収録されている。

「URBANO PROGRESSO」のロックスクリーン 「URBANO PROGRESSO」のメインメニュー画面
「URBANO PROGRESSO」のロックスクリーン(左)とメインメニュー画面(右)
*クリックして拡大

カメラやカレンダー、アラームなどの機能を3×4のアイコンで配置した「シンプルメニュー」も用意。シンプルメニューの見た目は、フィーチャーフォンの決定キーを押すことで表示されるメインメニューに似ており、フィーチャーフォンからの乗り換えを検討するユーザーには有り難いだろう。また、よく利用するアプリのアイコンをホーム画面に格納して即座にアクセスができる「My selection」や、歩数や消費カロリーの測定アプリ「デイリーステップ」など、標準搭載のツール/アプリも充実している。

CPU はシングルコア MSM8655(1.4GHz)、RAM は1GB、内蔵ストレージは4GB。今夏のフラグシップ機と比較するとヘビーユーザーには少々物足りない基本スペックだが、薄型・小型のフォルムに、ワンセグ/おサイフケータイ/赤外線通信といった日本独自機能がしっかり詰め込まれている。また、下り最大40Mbps の「+WiMAX」による無線データ通信、テザリング(最大8台)も行えるので、スマートフォンが初めてというユーザーのほか、中級者が使うにも十二分なポテンシャルを秘める。

高性能化の一途をたどるスマートフォンだが、CPU や カメラ、ディスプレイなどは強化される一方、「通話」に関する機能は一昔前と比べても進化が見られない気がしてならない。そんな状況に「URBANO PROGRESSO」は一石を投じる機種のように思えた。
【関連記事】
KDDI、画面振動で音を伝えるスマホ「URBANO PROGRESSO」5月30日発売
KDDI スマホ2012年夏モデル5機種、NFC/FeliCa 両対応やクアッドコア

関連キーワード:
スマートフォン
 
Android
 
テザリング
 
WiMAX
 
CPU
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites