Mobile

モバイル

ソフトバンクモバイル、気球による災害時用の臨時基地局を実験

japan.internet.com 編集部
2012年5月11日 / 06:40
 
ソフトバンクモバイルは2012年5月10日、通信障害の発生時に臨時の携帯電話向け基地局などとして利用可能な、係留気球による臨時無線中継システム「気球無線中継システム」を発表した。同社は同日、総務省東海総合通信局から同システムのフィールド実証に必要な実験試験局本免許を取得。2013年6月末までの期間、愛知県稲沢市の木曽川周辺で実験を行う。

ソフトバンクモバイル、気球による災害時用の臨時基地局を実験
気球のイメージ
(出典:北海道大学)

この気球無線中継システムは、地震といった災害などで通信障害が発生した場合に、携帯電話のサービス エリアを迅速に復旧させることが目的。北海道大学が研究している災害用係留型情報気球「InfoBalloon」をベースに共同開発した。携帯電話ネットワーク用の基地局として利用できるが、北海道大学によると(1)上空からの被災地域の連続監視、(2)上空からの情報配信、(3)業務用無線中継、(4)InfoBalloon 間通信、(5)ランドマークという役割を持たせられるという。

InfoBalloon の役割
InfoBalloon の役割
(出典:北海道大学)

*クリックして拡大

今回のシステムは、2.1GHz 帯の 3G ネットワーク用。アンテナを取り付ける気球の高度は地上約 100m とし、郊外地なら半径 3km 以上をサービス エリアにできると見込む。

実験では、通信速度、通信品質、サービス エリアの広さなどを評価する予定。

気球無線中継システムの構成
気球無線中継システムの構成
*クリックして拡大
【関連記事】
【HTML5 Dev】パソコン用 Web サイトのモバイル化 - パート2
最も多い依存症は、「携帯電話依存症」?
国内スマホ利用者の3割近くが携帯との“2台持ち”、ネットマイル調べ
純増数首位はソフトバンク、MNP は KDDI が7ケ月連続で首位 -- TCA が4月の携帯電話契約数を発表
Apple が携帯電話キャリアになる?―アナリスト予測

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites