Mobile

モバイル

福岡市、自治体主導の無料 Wi-Fi サービス「Fukuoka City Wi-Fi」開始

japan.internet.com 編集部
2012年4月26日 / 06:10
 
 
 
福岡市は2012年4月25日、市内各所で無料の公衆無線 LAN(Wi-Fi)サービス「Fukuoka City Wi-Fi」を提供すると発表した。まず4月27日に福岡市営地下鉄(福岡市交通局)空港線の全駅、市役所本庁舎の1階ロビーと西広場、天神の観光案内所でサービスを開始し、6月下旬より地下鉄の全線全駅と博多駅の観光案内所で提供する予定。自治体が地下鉄の駅で無料 Wi-Fi サービスを提供するのは、これが全国初のケースという。

福岡市、自治体主導の無料 Wi-Fi サービス「Fukuoka City Wi-Fi」開始
Fukuoka City Wi-Fi

無料で Wi-Fi サービスを提供する目的について、福岡市は「都市の魅力および都市間競争力の向上」と説明。具体的には、(1)海外からの旅行客を始めとする来訪者に対する利便性の向上、(2)情報発信力の強化、(3)災害時の活用を目的という3点を挙げる。

行政情報を配信
行政情報を配信

誰でも無料で使うことが可能。1日何回でも利用できる。ただし、1回の接続時間は15分に制限している。また、有害サイトにアクセスできないようフィルタリングも行う。

インターネット接続サービスを提供するほか、6月下旬には各サービス エリアのポータル ページを用意し、周辺の観光/行政情報を配信していく。各エリアへの回遊を促すスタンプ ラリーなどの企画も実施する方向。災害時には、緊急情報発信や通信回線バックアップのための手段として活用する予定。

福岡市営地下鉄の路線図
福岡市営地下鉄の路線図
(出典:福岡市交通局)

*クリックして拡大

同サービスの運営などは NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)西日本電信電話(NTT 西日本)が担当する。

なお、福岡市は情報発信の手段として以前から ITC を積極的に活用しており、例えば2012年2月には SNS「Google+」内に公式ページ「Google+ 福岡チャンネル」を開設した。「YouTube」「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」でも公式チャンネルを開設し、各種動画を配信している。

福岡市が YouTube に掲載しているビデオの例
【関連記事】
「ソフトバンク Wi-Fi スポット」、阪神電車と甲子園球場で利用可能に
ウィルコム「PORTUS」、3G Wi-Fi ルーターと PHS 電話の一台二役
ローソン、「LAWSON Wi-Fi」ログイン時のパスワード利用を可能に
Wi-Fi メモリー「Eye-Fi Mobile X2 4GB for ドコモ」、スマホ設定対応
ドコモの「docomo Wi-Fi」、近鉄や横浜/福岡の地下鉄、山手線で開始

関連キーワード:
Google
 
Wi-Fi
 
YouTube
 
SNS
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites