Mobile

モバイル

mmbi、「CEATEC JAPAN 2011」で来年4月開局予定のスマートフォン向け新放送局の名称や放送のデモンストレーションを発表

japan.internet.com 編集部
2011年10月4日 / 17:40
 
 
次世代の携帯端末向けマルチメディア放送として注目されている「モバキャス(V-High マルチメディア放送)」を行う基幹放送業務を2012年4月の放送開始に向け総務省に認定申請中の株式会社 mmbi は、千葉県幕張メッセで開幕したIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2011」の会場で発表会を行い、スマートフォン向け新放送局の名称を「NOTTV(ノッティーヴィー)」に決定したと発表した。
発表会に登場した皆さん。右からモデルの高垣麗子さん、mmbiの二木氏、小牧氏、お笑い芸人のAMEMIYAさん
発表会に登場した皆さん。右からモデルの高垣麗子さん、mmbiの二木氏、小牧氏、お笑い芸人のAMEMIYAさん
発表された「NOTTV(ノッティーヴィー)」のロゴ
発表された「NOTTV(ノッティーヴィー)」のロゴ

株式会社 mmbi 代表取締役社長の二木治成氏は新放送局の名称について、「テレビにできないことをする。テレビを超えたテレビになる」という放送局のコンセプトを伝えるため「NOT+TV」で「NOTTV(ノッティーヴィー)」に決定したと説明。また、放送局のロゴでは「O」の文字をキャラクター化し、放送局のイメージである遊び心や楽しさを表現したという。

そして、そのキャラクター「notty(ノッティー)」もお披露目され、二木氏は「キャタクターの口はスマートフォンのディスプレイをモチーフに、"楽しいワクワクすることを何かたくらんで、やってやろう"というかわいいモンスターを表現している」とそのコンセプトを説明した。
新放送局の名称とキャラクターデザインを説明する二木治成氏
新放送局の名称とキャラクターデザインを説明する二木治成氏

一方、同社常務取締役の小牧次郎氏は現在開発中のユーザー体験やインターフェイスについて説明。インターネットに接続したスマートフォンに向けて放送を行うというサービスの特長について、「全てのテレビがネットに繋がる日はまだまだ遠いが、『NOTTV』は100%ネットに繋がった視聴者に放送する。視聴者全員参加型クイズ番組など、誰でも Twitter などの SNS を通じて番組に参加できる環境を提供できる。今までのテレビにできなかったユーザー体験を提供したい。」と説明した。既に200社を超える番組・コンテンツ制作会社から「NOTTV」の特長を活かした番組企画が500本以上寄せられているという。

なお、「CEATEC JAPAN 2011」のブースには、特設スタジオを用意。「NOTTV」の特長を活かした番組を体験したもらうため、会期中には『神戸コレクション』とコラボレーションした「NOTTV ファッション STAGE」や人気お笑い芸人を招いての視聴者参加型トーク番組「ソーシャル・トークラウンジ エンダン」などを生放送し、「NOTTV」の視聴体験をデモンストレーションするという。放送の様子は、mmbi の「CEATEC JAPAN 2011 スペシャルサイト」で視聴することも可能となっている。
発表会では「神戸コレクション」とコラボしたミニステージを開催
発表会では「神戸コレクション」とコラボしたミニステージを開催

発表会では『神戸コレクション ピックアップ』と題したミニステージが披露され、スペシャルゲストとして登場した人気ファッションモデルの高垣麗子さんは、「スマートフォンでこんな高画質な映像を観たのははじめて!SNS を通じて番組視聴者が繋がっている感覚も新鮮」とコメント。また、同じくスペシャルゲストとして登場し、トーク番組にも出演するシンガーソングライター芸人として人気の AMEMIYA さんは「NOTTV」の発表をお祝いする新作ネタ『NOTTV はじまります』を披露して会場を盛り上げ、また自身も「ネタをやってすぐに視聴者の反応が見えるのはとてもいい!ぜひ『NOTTV』でネタ番組をやらせて欲しい!」とコメントした。
「AneCan」専属モデルの高垣麗子さんと、会場で新ネタ「NOTTV はじまります」を披露したAMEMIYA さん
「AneCan」専属モデルの高垣麗子さんと、会場で新ネタ「NOTTV はじまります」を披露したAMEMIYA さん

「NOTTV」は2011年7月に停波(被災地域を除く)した地上アナログ放送の周波数帯域を活用し、スマートフォン向けにテレビ番組だけでなくゲームや雑誌などのコンテンツを配信するマルチメディア放送で、サービス開始年で100万人、将来的には1000万人の加入視聴者を目指すとしている。テレビ番組は高画質、高音質が特長で、その画質は従来のワンセグ放送の10倍以上になるという。SNS と連携して視聴者参加番組などが楽しめる「リアルタイム視聴」のほかに、興味のある番組やコンテンツが自動で配信され好きなときに楽しめる「シフトタイム視聴」が提供される。

「CEATEC JAPAN 2011」のブース内には、スマートフォンやタブレット端末で「NOTTV」の高画質、高音質な映像やユーザーインターフェイスが体験できるコーナーを用意している。展示内容や会場で開催されるスペシャルプログラムなどの詳細は mmbi の「CEATEC JAPAN 2011 スペシャルサイト」で公開している。
「CEATEC JAPAN 2011」の会場では、「NOTTV」のデモンストレーションが体験できる
「CEATEC JAPAN 2011」の会場では、「NOTTV」のデモンストレーションが体験できる
【関連記事】
放送の楽しみ方が変わる -- モバイル向け放送「モバキャス」が提供する新たな視聴体験とは

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites