Mobile

モバイル

激化するスマートフォンの通信スピード競争、現在最も高速なのは? -- MMD 研究所調べ

japan.internet.com 編集部
2011年9月6日 / 17:00
 
 
モバイルマーケティングリサーチの MMD 研究所は、2011年8月22日から29日にかけて、超高速モバイルデータ通信速度実験調査の第2弾として「スマートフォン3G 回線に関する地域別実測比較調査」を実施した。

この調査では、全国主要都市の計18ヶ所において、au の「AQUOS PHONE IS11SH」、NTT ドコモの「GALAXY SII SC-02B」、ソフトバンクモバイルの「iPhone4」の3G 回線による接続スピードを測定し比較調査したものだ。調査方法は、各調査スポットにおいて「Ookla Speedtest.net Mobile Speed Test」を利用し、平日14時から18時の間に同条件下で3回測定しその最高速を記録している。

調査の結果、首都圏主要スポット、地方の主要都市のほとんどの調査において au の「AQUOS PHONE IS11SH」の3G 回線が最もスピードが速いという結果となった。例えば、首都圏の計測ポイントのひとつである渋谷駅ハチ公前では、ドコモの「GALAXY SII SC-02B」が下り1,117kbps、ソフトバンクの「iPhone4」が2,470kbpsだったのに対して、au の「AQUOS PHONE IS11SH」は3,765kbpsと3キャリアの中で唯一実測3Mbps を超える結果となっている。
MMD 研究所が発表した各キャリア3G 回線実測調査
MMD 研究所が発表した各キャリア3G 回線実測調査

また、同社では参考調査として、超高速モバイルデータ通信 WiMAX (UQ コミュニケーションズ)の回線に接続可能な htc EVO WiMAX ISW11HT(au)を、3G 回線と同調査地区にて実測比較調査を実施したところ、平均して下りで5,000〜6,000kbps、上りで1,500〜2,000kbps の速度が計測されたと発表している。例えば、先ほどの渋谷駅ハチ公前だと、最下位だったドコモの下り1,117kbps に対して WiMAX は5,475kbps と約5倍の速度を記録。また、関西地区の調査でも下りの速度が、14,112kbps(梅田駅)、16,182kbps(なんば周辺)と同地区の3G 回線のスピードと比べて約5倍程度の速度が計測されている。
首都圏3箇所における3G 回線と WiMAX の実測速度の比較
首都圏3カ所における3G 回線と WiMAX の実測速度の比較

MMD 研究所によると、今後は WiMAX 搭載のスマートフォンやテザリング機能を持つスマートフォン端末がより高性能化することを考えると、さらにスマートフォンのスピードが高速化していくものと予測されるという。今回の調査では3G 回線では au が、そして超高速モバイルデータ通信の WiMAX の速さが際立つ結果となったが、今後ドコモ、ソフトバンクも次世代超高速通信の普及を目指しており、スマートフォンのスピード競争はますます激化するだろう。

ちなみに、同社が8月に発表した「超高速モバイルデータ通信サービスに関する地域別実測比較調査」において、WiMAX は他の超高速モバイルデータ通信「Xi」(NTT ドコモ)、「ULTRA SPEED」(ソフトバンク)に対して優良な実測速度を記録しており、現時点で他社との競争から一歩抜けている状況だ。今後の各社の新たな展開に注目したい。
【関連記事】
MMD 研究所、競争激化する超高速モバイルデータ通信サービスの比較調査を発表
Facebook 利用者の約8割が実名を公開―MMD 調査
20代女性の49%「スマートフォンほしい」−MMD 研究所調べ
スピードは「UQ WiMAX」―MMD 研が高速データ通信カードの地域別実測比較調査を実施
非所有者の約70%がスマートフォンに「興味あり」―MMD 研調査

関連キーワード:
GALAXY
 
iPhone
 
ソフトバンク
 
スマートフォン
 
au
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites