Mobile

モバイル

IIJ、iPad を一括管理できるクラウド型マネージメントサービスを開始

japan.internet.com 編集部
2011年5月23日 / 15:20
 
 
IIJ は2011年5月18日、企業内の iPad を一括管理するクラウド型マネージメントサービス「IIJ Smart Mobile Managerサービス」(SMM)の販売を開始する、と発表した。

同社では主にビジネス用途の iPad ユーザーを対象に、2010年11月から「IIJ Smart Mobile Manager 試験サービス」を開始しており、リモートでの端末ロックやデータ消去などのセキュリティ管理機能を SaaS として提供している。今回、端末設定をリモートで一括管理する機能などを追加、クラウド型マネージメントサービスとして開始する。

従来、個別の手作業だったメールや VPN 接続などの設定を、専用の管理用 Web 画面から SMM のモバイルデバイスマネージメントサーバーを介し、一度に複数の iPad に設定情報を配信し、設定することができる。

また、従来の、リモートからの端末ロック、データ消去機能に加え、ユーザーのアプリケーションインストールを制限するなど、端末の機能を管理できるようにした。

さらに、顧客企業のオフィスにある Windows PC で利用している業務アプリケーションを、そのまま iPad で利用できるゲートウェイ機能「Mobile Application Gateway」と組み合わせると、iPad を業務端末としても利用できるようになる。

料金は、初期費用5万円、月額料金が1端末あたり300円、いずれも税別。

 

「IIJ Smart Mobile Managerサービス」イメージ
「IIJ Smart Mobile Managerサービス」イメージ
*クリックして拡大
【関連記事】
IIJ と MS、Windows Server のクラウド移行で協業
被災市町村のウェブサイト、津波被害地域を中心に確認できず
IIJ、F5 やネットアップとハイブリッドストレージで協業
IIJ、モバイル無線 LAN ルータ「FS810WR」を販売へ
IIJ がクラウド型ストレージサービスで「NetApp FAS システム」を採用

関連キーワード:
iPad
 
クラウド
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites