Mobile

モバイル

2011年 Q1 米国モバイル市場、Apple と Google が成長

japan.internet.com 編集部
2011年5月10日 / 11:30
 
米国 comScore は2011年5月6日、2011年第1四半期における米国モバイル市場に関する調査結果を発表した。13歳以上の携帯電話/スマートフォン利用者3万人以上を対象に調査したところ、市場シェア トップは端末メーカー別が韓国 Samsung Electronics の24.5%、スマートフォン プラットフォーム別が Android(米国 Google 製)の34.7%で、いずれも2010年第4四半期の結果と同じだった。

米国には13歳以上のモバイル端末ユーザーが2億3,400万人おり、Samsung 製端末が全体の24.5%を占めて引き続き1位となった。ただし、前期の24.8%に比べシェアを0.3ポイント縮小している。2位は韓国 LG Electronics の20.9%(前期比±0ポイント)、3位は米国 Motorola の15.8%(同0.9ポイント減)、4位はカナダ Research in Motion(RIM)の8.4%(同0.1ポイント減)、5位は米国 Apple の7.9%(同1.1ポイント増)。上位5社の順位に変動はないが、シェアを拡大できたのは Apple だけだった。

2011年 Q1 米国モバイル市場、Apple と Google が成長
端末メーカー別シェア
(comScore のデータから作成)
スマートフォンの利用者数は7,250万人で、前期に比べ15%増えた。プラットフォーム別でみると、Google の Android が市場シェア34.7%で1位。前期比6.0ポイントと大きく増加した。2位以下は、BlackBerry OS(RIM 製)の27.1%(同4.5ポイント減)、iOS(Apple 製)の25.5%(同0.5ポイント増)と続き、iOS が BlackBerry OS に迫っている。4位は米国 Microsoft 製プラットフォームの7.5%(同0.9ポイント減)、5位は米 Hewlett-Packard(HP) が買収した Palm の2.8%(同0.9ポイント減)。

2011年 Q1 米国モバイル市場、Apple と Google が成長
スマートフォン プラットフォーム別シェア
(comScore のデータから作成)
【関連記事】
「Windows Azure」対応 iOS / Android アプリの開発ツール
全世界でスマートフォンの売上急伸、IDC 調査
2011年 Q1 モバイル市場、シェア縮小の Nokia と躍進した Apple
日本通信、SIM 付きスマートフォン「IDEOS + Fair」を5月14日に発売
ニコニコ生放送、「五月技量審査場所」の全日程/全取組を生中継

関連キーワード:
Google
 
スマートフォン
 
Android
 
Apple
 
iOS
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites