japan.internet.com
モバイル2010年4月20日 11:40

『iPad』の Wi-Fi 接続問題、プリンストン大学が原因を解明か

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20100420/12.html
著者:Andy Patrizio
海外internet.com発の記事
Apple の『iPad』について、同端末を待ち望んでいた初期導入ユーザーたちの手にわたったほぼその日から、Wi-Fi 接続が断続的で不安定との報告が出ている。この問題はプリンストン大学構内でも表面化し、このたび同大学の IT 部門が問題の原因を突き止めたという。

iPad の Wi-Fi 機能は、最も多く苦情が集まっている機能の1つだ。無線ルータのすぐ隣に立ち、iPad をその位置から動かさない場合でも、信号の強度が上下に変動するのを確認できると、複数のユーザーが報告している。

プリンストン大学の学生たちも、この問題を経験した。同大学の Office of Information Technology (OIT) は、学生たちが iPad を使い始めたその日から、同端末が校内のネットワーク上で問題を起こしていると気づき、原因を探るためにテストを開始したという。

OIT のエンジニアたちは、少なくとも原因の1つとして、iPad の DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) による IP アドレス割り当て処理方法に問題があることを突き止めた。DHCP は、ローカル ネットワーク上のコンピュータに IP アドレスを割り当てる役割を持つ。通常、ワイヤレス機器は固定の IP アドレスを持たず、DHCP サーバーを通じて必要に応じ動的なアドレスの取得や開放を行なう。

プリンストン大学の OIT は特定の状況下において、iPad は取得した IP アドレスの更新を行なわずに開放を許すにもかかわらず、同じ IP アドレスを使い続けようとすることを発見した。その時ネットワークは、該当の IP アドレスを割り当て失効済みとみなしている。OIT の調査によれば、iPad が何時間も前に失効した IP アドレスを使い続けようとした状況を観測しており、このため校内のセキュリティ システムが作動して、該当の iPad を遮断せざるを得なくなったという。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.