Mobile

モバイル

夏には CDMA 対応の『iPhone』登場か

David Needle
2010年3月31日 / 12:40
 
 
果たして Apple は、米国において通信事業者 AT&T との独占的関係から手を広げ、Verizon Wireless のネットワークで『iPhone』を提供する準備を整えているのだろうか。これは少なくとも過去1年にわたって噂になっている話だが、ここへ来てさらに熱を帯びてきた。

The Wall Street Journal』(WSJ) 紙のオンライン版は30日付けの記事で、Apple が Verizon Wireless の用いる CDMA 方式に対応した新 iPhone の開発に取り組んでいると報じた。CDMA は Verizon Wireless 以外に、米国では Sprint Nextel が用いており、米国外でも特に日本と韓国の一部通信事業者が使っている方式だ。これに対し現行の iPhone は、AT&T をはじめ世界の通信事業者多数が用いる通信方式 GSM および W-CDMA に対応している。

Apple は過去3年間と同様、2010年夏に iPhone の新モデルを発表するとの見方が強い。WSJ は今回の件に関する情報筋の話として、新型 iPhone の1つが Verizon Wireless 向けになると報じた。

Apple の広報担当 Natalie Kerris 氏は取材に対し、「当社は噂や憶測についてコメントしない」と語っている。2007年の iPhone 登場以来、Apple は AT&T との独占契約を維持してきた。しかし、契約期間や独占条項の有効期限は明らかになっていない。

Kerris 氏はこの点について、「当社は AT&T と素晴らしい関係を保っている」と付け加えた。

また通信社の Reuters も30日付けの記事で、台湾のネットブック メーカー ASUSTeK Computer (ASUS) の子会社 Pegatron が、CDMA 版 iPhone 製造の契約を獲得したと報じ、Verizon Wireless 向け iPhone に関する噂がさらに過熱している。ただし Reuters の記事では、「Pegatron に近い」情報筋の話として、同社が CDMA 版 iPhone を出荷するのは2011年の話で、Verizon Wireless のネットワークに対応した端末になるのか確証はないと記している。
【関連記事】
Apple、多数の脆弱性に対応した『Mac OS X v10.6.3』をリリース
『iPad App Store』、15万本のアプリをそろえてオープンへ
発売間近の『iPad』、Best Buy 各店舗への出荷台数が判明
究極まで削ぎ落したシンプルな iPhone スタンド「iBend」
ユニクロ製カレンダーアプリの実力は?―iPhone アプリ「UNIQLO CALENDAR」

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites