Mobile

モバイル

HTC を提訴した Apple、真の標的は Google か

Andy Patrizio
2010年3月8日 / 09:00
 
 
Apple が HTC を特許侵害で提訴したことは、業界全体にとって予想外の出来事だった。これに対し、Apple は HTC を利用して間接的に Google を攻撃していると、Apple を非難する声が多くのハイテク関連メディアや Blog から上がっている。Apple の真の敵は Google だというのが大方の見方だ。

今回の訴訟が人々を驚かせた理由の1つは、Apple が特許侵害訴訟を頻繁に起こす会社ではないということだ。Nokia とのケースのように、相手からの訴訟に反訴で対抗することはあるが、自分の方から訴訟を起こすのは Apple のやり方ではない。Apple が特許侵害訴訟を起こすのは、『Windows』のルック&フィールをめぐり、Microsoft を提訴した1988年以来のことだ。

しかし今回、Apple はまちがいなく自ら攻撃を仕掛けている。同社は2日、デラウェア州の米連邦地方裁判所と米国際貿易委員会 (ITC) に訴状を提出した。Apple の CEO (最高経営責任者)、Steve Jobs 氏は声明の中でこのように述べている。「競争相手が当社の特許を盗んでいくのを黙って眺めていることもできるし、行動を起こすこともできる。当社は行動を起こすことに決めた。競争とは健全なものだと思うが、競争相手もオリジナルな技術を創り出すべきであり、われわれから盗むべきではない」

ハイテク関連メディアや、常に独断的な各種 Blog では、本当の狙いは Google にあるとして、すぐさま Apple を非難する声が上がった。Google の OS『Android』は、HTC の製造する『Nexus One』などのスマートフォンに搭載されている。

ハイテク系 Blog『TechCrunch』は、「Apple の対 HTC 特許訴訟の狙いは Android にある」と主張している。『BetaNews』は、「裁判所命令による Android 打倒を狙う Apple」と題した記事を掲載している。さらにセンセーショナルなのが、「特許の専門家が警告:Apple の『遠隔操作』により、HTC のスマートフォンが機能停止に追い込まれるおそれも」と題した『SlashGear』の記事だ。
【関連記事】
『iPad』の発売日程が明らかに
Steve Jobs 氏の成功から学ぶ
Google のマーケティングツールを一元的に紹介する「Google for Advertisers」
Microsoft の CEO、『Bing』の戦略に自信
Google が Picnik 買収で写真関連サービス強化へ

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites