Mobile

モバイル

Apple が次期『iPhone』の試験を開始か

David Needle
2009年12月1日 / 12:30
 
 
Apple は、次期『iPhone』の試験を開始しつつあるのだろうか?

例によって秘密主義の Apple は、次期 iPhone について一切の詳細を明らかにしていない。しかし、Apple 製品の愛好者たちが集うサイト『MacRumors』には、人気の高い iPhone の機能に追いつけ追い越せとばかりに、競合各社が先を争っている最中、iPhone の新展開がある可能性を示唆する記事が掲載されている。

11月28日付の MacRumors の記事は、iPhone アプリ開発会社 Pandav から入手した情報に基づく内容だ。同記事によれば、Pandav は同社が追跡するアプリケーション分析記録において、未発売の iPhone による利用記録を見つけたという。

ここで出てくる Pandav のアプリケーションとは、サンフランシスコ鉄道システムを使う公共交通案内アプリ『iBART』だ。

この件について Apple に電話取材を申し込んだものの、コメントは得られなかった。同社は長年、未発表製品についてはコメントしないという主義を貫いている。

Pandav が注目したのは、モバイル分析会社 PinchMedia から提供を受けたデータに、Apple が設定した内部的な識別番号を用いるデバイスが並んでいたことだったようだ。今回の場合、11月の Pandav アプリの利用記録に、現行 iPhone のいずれとも合致しない識別文字列「iPhone3,1」を持つデバイスが現われていた。ちなみに、現行の最新版『iPhone 3GS』の識別文字列は「iPhone2,1」だ。

また MacRumors は、Apple が iPhone 3GS の試験に着手した時期について、発売の約8か月前にあたる2008年10月だったことも指摘している。当時も、Apple の本拠地カリフォルニア州クパチーノがあるサンフランシスコ ベイ エリア地区において、iPhone 3GS の利用記録に注目が集まった。
【関連記事】
ラナ、イタリア生まれのキャラクター「Rody」デザインのシリコン製 iPhone カバーを発売
Apple、Psystar への差止命令を裁判所に要請
ヤフー、iPhone 向け「Yahoo! 地図」をリニューアル
Apple、3G をめぐる AT&T と Verizon の舌戦に CM で参加
個人データを狙う第2の『iPhone』ワーム

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites