Mobile

モバイル

Dell のスマートフォン市場参入、成功するための戦略は?

Michelle Megna
2009年10月9日 / 12:10
 
 
技術分析を手がける J. Gold Associates のアナリスト Jack Gold 氏によると、AT&T から発売されるという Dell の『Android』搭載スマートフォンは、競合他社よりも価格を抑えざるを得ず、また、Dell が成功を収めるためには、米国第2位の移動体通信事業者である AT&T の販売チャネルと緊密な関係を築く必要があるという。

業界では「DellDroid」、つまり Dell による Android 搭載端末投入の噂が浮かんでは消えていった。しかし、ここに来て、新たに複数の報道が Dell に近い情報筋の話として、同社は2010年に Android 搭載スマートフォンを投入する計画だと伝えている。

Dell の広報担当者はこの件に関してコメントを拒んだが、こういった報道が事実だとすれば、これまで思い出したように噂にはなってきたものの、Dell にとって初めてのスマートフォン市場への参入となる。また、AT&T にとっても、Android 搭載端末の第1弾となる可能性が高い。

Gold 氏によれば、Dell がスマートフォン市場への参入を成功させるには、AT&T の販売チャネルとどのように連携を図るかに注力する必要があるだろうという。

この点について、同氏は取材に対して次のように答えている。「Dell は既に極東地域で Android 端末を手がけており、米国市場への投入は完全に理にかなっている。しかし、最大の難関となるのは販売チャネルだ。通常、人々は、通信事業者から端末を購入するが、Dell はそうした販売チャネルと緊密な関係を持っていない。同社は、従来からのサプライヤではないため、販売チャネルの構築に注力することが本当に必要となる」

また、Gold 氏は、Dell がノートパソコンのときと同様の戦略を用いて、業界標準よりも低い価格でスマートフォンを販売すると予想し、次のように説明している。

「私の予想では、Dell は現在の中心販売価格である199ドルよりも安い価格で販売すると思う。参入を成功させるために、149ドルまたは169ドルあたりに設定するのではないだろうか。また私は、Dell がノートパソコンの販売で既に提携関係のある企業に対して、直接販売に乗り出す可能性もあると考えている」
【関連記事】
Dell と AT&T が『Android』搭載スマートフォンを発売か
Samsung、米国初となる『Android』搭載端末を発表
Verizon と Google、『Android』搭載端末の開発と販売で提携
Google、スマートフォン向けに『AdSense』を最適化
企業とユーザーのラダーに―Twitter という新たなコミュニケーション

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites