Mobile

モバイル

『Windows Mobile 6.5』搭載端末、世界に向けリリース

Michelle Megna
2009年10月7日 / 11:20
 
 
Microsoft は6日、同社のモバイル プラットフォーム『Windows Mobile 6.5』を搭載したスマートフォン最新機種を全世界に向けてリリースした。これに伴い、専用のアプリケーション ストアもオープンした。

Microsoft は、これら最新機種を2つの新しいサービスでサポートしている。その1つは、2009年2月に発表しすでにポータルサイトも立ち上げているモバイル アプリケーション販売サービス『Windows Marketplace for Mobile』だ。このサービスは、ユーザーが直接スマートフォンからアプリケーションをダウンロード購入できるもので、Microsoft の念願だったモバイル アプリケーション販売市場への参入がようやくかなったことになる。

2つ目のサービスは『MyPhone』で、アドレス帳や予約事項、メッセージ、写真、動画といったスマートフォン内の情報を、パスワードで保護されたサイトと同期しバックアップする。

また、今回一斉に販売開始される最新機種のスマートフォンは、「Windows フォン」という呼び名に統一して明確にブランド化し、今後はロゴマークなども用いて販売店での差別化を計る方針だ。

これら新しいスマートフォンでは、『Facebook』『Flickr』『Twitter』などのソーシャル ネットワーキング サイトと連携する『Windows Live』の画像共有機能が強化されているほか、『Windows Live Media Manager』による端末上でのファイルの同期や、『Windows Media Player』を使ってのメディアファイルの再生も可能だ。

このほか、『Outlook Mobile』や『Exchange Server』と同期できる最新の Eメール管理機能を始め、『Word』および『Excel』の文書を開いて編集でき、『PowerPoint』も利用できる『Microsoft Office Mobile』なども強みになっている。さらにモバイル版ブラウザの『Internet Explorer Mobile』は『Adobe Flash Lite2』に対応する。
【関連記事】
マイクロソフト、従業員が25人以下の Web 開発会社向け支援プログラムを開始
『XP Mode』が完成、『Windows 7』と同日にリリースへ
『Windows Mobile』のシェアが復活するとの予測
Microsoft の『Bing』、公開後初めて検索シェアが低下
マイクロソフト、最新の運用管理製品群「VMM 2008 R2」を販売

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites