富士通株式会社は2009年8月14日、JA 兵庫信連から JA 信用事業の全国統一電算システム(JASTEM)とスマートフォンを連携したシステムを受注したことを発表した。

同システムは、貯金や貸出などの顧客情報・訪問予定などを管理する JASTEM の窓口端末と連携する渉外業務専用ハンディ端末機の機能を、富士通のスマートフォン「F1100」に集約。

従来渉外担当者は、ハンディ端末機と携帯電話の2台を携行していたが、新システムの導入によりスマートフォン1台の携行ですむようになり、持ち運びの負担軽減と、通話と業務作業の利便性向上が見込める。

スマートフォン向けのセキュリティソフトウェアをインストールすることで、保存データ暗号化、データを削除できるワイプ機能などを利用可能。「F1100」搭載の指紋認証機能を組み合わせるなど、多彩なセキュリティ機能を実現する。

また、スマートフォンを活用することで導入コストの削減も図れるとされる。

富士通では、2009年7月に JASTEM 窓口端末と「F1100」との接続検証を完了。2010年1月の本格稼働に向けてシステム構築を進めていくという。なお、本格稼動時には「F1100」約1,000台導入を予定。

システム利用イメージ
システム利用イメージ
*クリックして拡大