Mobile

モバイル

携帯電話、08年第4四半期の大手5社出荷実績情報

EMS One
2009年3月24日 / 10:00
 
 
世界的な金融危機の影響を受け、産業界の大部分が需要減退の影響を受けている。携帯電話業界も例外ではなく、2008年第4四半期は大手5社の内、3社が前年比マイナス成長となっている。

上位5社の内、Nokia、Sonny Ericsson、Motorola 各社の業績は、それぞれ前年同期比15%、21%、53%のマイナス成長となった。一方、Samsung と LG は依然として成長を続け、それぞれ14%、8%以上の上昇となっている。

調査によると、経済不況と消費低迷によって2008年の在庫水準は過去最大レベルに達し、2009年の携帯電話市場は有史以来最大の縮小局面に直面している。メーカー各社はリストラに加え如何にこの難局を乗り越えるか、過去最大の困難に直面している。

表:2008年第4四半期の携帯電話出荷台数(単位:百万台)ソース:TRI、EMSOne 編集
表:2008年第4四半期の携帯電話出荷台数(単位:百万台)
ソース:TRI、EMSOne 編集
記事提供:EMS One
【関連記事】
パネルメーカーを取り囲む状況は依然として厳しい―2月の大型液晶パネル出荷統計
【中国】中国政府、「LED 街灯」普及に向け、モデル都市計画を策定
【台湾】Apple がタッチスクリーン Netbook の発売を計画、クアンタが生産か?
2008年度、EMS 企業トップ10ランキング
【韓台】韓国・台湾、8.5世代パネル生産動向

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites