Mobile

モバイル

Microsoft が『iPhone』用アプリケーションを公開

Judy Mottl
2008年12月16日 / 12:50
 
 
Microsoft の Live Labs 部門は13日、Apple 製スマートフォン『iPhone』用のモバイル アプリケーション『Seadragon Mobile』を公開した。

Seadragon Mobile は、写真のコレクション全てを単一画面で表示するなど、『Windows』パソコンで利用できるものと同じグラフィック拡張機能を、iPhone 上で実現したものだ。

同アプリケーションについては、Microsoft 自身のモバイル プラットフォーム『Windows Mobile』対応版がまだ存在せず、Windows Mobile 版の提供時期も明らかになっていない。そのような背景を考えれば、Microsoft が iPhone 用アプリケーションを公開したことは、同社が少なくとも iPhone プラットフォームの人気の高さを認めたことを物語っている。

直近の数字によると、Apple の iPhone 用アプリケーション配布チャンネル『App Store』では、約1万本のソフトウェアを扱っているという。

Microsoft による iPhone 用アプリケーション開発の取り組みは、Apple が6月の『iPhone 3G』発表後、7月に iPhone アプリケーション開発の門戸を開いたことが、賢明な行動だったことを示す証左でもある。こうした Apple の動きは、同プラットフォームをさらに興味深いものにすることを目的としたものだ。今回の Microsoft の取り組みや、iPhone 用ソフトウェアの充実したラインアップを見れば、Apple はこの目的を達成していると言える。

Microsoft の Live Labs 部門の説明によれば、Seadragon Mobile を開発した同部門のプロジェクト『Seadragon』は、大量の可視情報を備えた画像閲覧において、ナビゲーション速度、パフォーマンスおよびグラフィックの拡大縮小を強化し、表示画面が壁面ディスプレイかモバイル端末の画面かを問わず、スムーズな閲覧を実現することを目的とした取り組みという。

Microsoft の Live Labs 部門は、13日付けの Blog 投稿において、Seadragon Mobile を Apple の App Store で公開したと発表した。

同 Blog には、次のような説明がある。「Seadragon Mobile は、パソコン上と同様のスムーズな画像閲覧を、モバイル プラットフォームにもたらすものだ。指で画面をほんの数回つまんだりタッチするだけで、地図や写真の微細な部分まで拡大できる」
【関連記事】
企業の半数近くが『Windows Vista』の導入を見送り
ネット辞書との同時検索も可能な辞書ソフト「デ辞蔵」iPhone 版
『IE』の脆弱性、影響はサポート中の全バージョンに
Microsoft、月例更新後に『IE』の未対応脆弱性の勧告公開
日本ビジネスオブジェクツ、BI プラットフォーム最新版を販売

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites