Mobile

モバイル

携帯電話でワード検索、約82%が経験【第39回:モバイル調査】

japan.internet.com 編集部
2008年8月19日 / 17:30
 
モバイルリサーチ with goo(39)
この「モバイルリサーチ with goo」では、goo リサーチjapan.internet.com が共同で、携帯電話を活用したリアルタイムアンケートを定期的に行い、その結果を発表している。前回は「モバイルショッピング」をテーマとして調査したが、今回は「モバイル SNS」に変わる新しいテーマとなる「モバイル広告」について質問を行った。

携帯電話でのワード検索経験者は8割以上
まず、モバイルにおけるワード検索の利用状況を見てみよう。すべての回答者に対して「携帯電話でワード検索を行ったことはありますか」との質問を行った。

「ある」との回答は81.82%(891人)と8割にも上っている。「ない」との回答は18.18%(198人)だ。携帯電話からワード検索を行うことは、携帯電話ユーザーにとっては常識となりつつあるようだ。【詳しいデータはこちら

検索結果で広告を目にした人は約42%
モバイル検索が一般化するのと同時に、モバイルリスティング広告もその重要度が増している。ユーザーがどの程度それを意識しているのかを見てみよう。ワード検索の経験者891人に「ワード検索の結果に [AD] などの印がついた広告が表示されることがありますが、目にしたことはありますか」との質問を行った。

「ある」との回答は42.31%(377人)。ワード検索したユーザーの4割以上は、広告に気づいているようだ。一方「ない」は8.42%(75人)、「覚えていない」は49.27%(439人)で、合計すると6割近い検索経験者が、リスティング広告に気づいていない、あるいは見ていないとの結果となった。【詳しいデータはこちら

携帯電話で「○○で検索」するのは4割
交通広告や TVCM などで「続きは Web で」や「○○で検索」といった告知を行って Web へ誘導する手法は、Web を絡めたクロスメディアマーケティングの王道。この手法がモバイルマーケティングにおいて、どの程度の効果が望めるのかを見てみよう。

同じくワード検索経験者891人に「テレビやポスターなどの『○○で検索してください』といった広告を見て、携帯電話でワード検索を行ったことはありますか」との質問を行った。

「ある」との回答は41.98%(374人)。ワード検索を経験したユーザーの4割強が「○○で検索」したことがあるとの結果だ。なお、この回答数は、回答者全体の34.34%となる。【詳しいデータはこちら

モバイル検索の利用率が上昇するとともに、モバイルにおける SEM も重要度を増しているといえるだろう。

調査は、日本全国に住む10代〜50代以上の男女合わせて1,089人を対象に実施。男女比率は、男性42.06%、女性57.95%。年齢層分布は、10代2.94%、20代28.56%、30代40.87%、40代22.40%、50代以上5.24%。

(調査協力:goo リサーチ

※詳細データをご覧頂くには、無料の会員登録が必要です。

Q:携帯電話でワード検索を行ったことはありますか
携帯電話でワード検索を行ったことはありますか

(2008/8/4〜5 10代以上の携帯電話ユーザー1,089人)
【関連記事】
リスティング広告の限界
NIKKO、リスティング広告運用支援サービス「SEM-BP」を提供開始
アネモネリスティング、モバイル検索連動型広告のキーワード販売を開始
モバイルショッピング利用経験者が6割を超える【第38回:モバイル調査】
リスティング広告における「ユーザーの認知」と「ブランディング」の関係

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites