japan.internet.com
モバイル2008年8月1日 13:00

急成長する次世代ワイヤレス ブロードバンド技術

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20080801/12.html
著者:Judy Mottl
海外internet.com発の記事
データサービスに対する需要の急増によって、次世代ワイヤレス ブロードバンド技術の人気が高まり、そのユーザー数は、2015年までに全世界で21億人に達するだろう。そんな予測をする調査報告が7月31日に発表された。

通信事業関連の調査分析企業 Analysys Mason の調査によると、次世代ワイヤレス ブロードバンド技術の普及に伴い、全世界のサービス売上は2015年までに7840億ドルに到達するという。これは、ようやく普及し始めたばかりの現在と比べて、2400%もの劇的な伸びだ。これによって最も恩恵を受けるのは、通信事業者と携帯機器メーカーだという。

とはいえ、ユーザーが第4世代 (4G) 移動体通信規格に乗り換えるまでにはしばらく時間がかかるかもしれない。

『WiMAX』と『LTE』(Long Term Evolution) はともに、可用性と人気において成長が見込まれるものの、当面の間、現在の『HSPA』(High Speed Packet Access) 規格を凌ぐ存在になることはないだろう。Analysys Mason によると、『UMTS』(Universal Mobile Telecommunications System:日本では『W-CDMA』と呼ばれる) を改良したいわゆる「3.5G」技術の集合体である HSPA は、2015年末までにワイヤレス ブロードバンド ユーザーの50%以上を支えることになるという。

Analysys Mason の調査報告では、HSPA のユーザー数は、2008年の6100万人から、2015年までには11億人に達すると予測している。

Analysys Mason の次席アナリストで調査報告書の執筆にも携わった Mark Heath 氏によれば、このような成長を予測する上で主な根拠となったのは、現世代の技術が最も自然な形で進化したものが HSPA であることだという。

同報告書は HPSA 以外の次世代ワイヤレス ブロードバンド技術について、LTE の方が、初期の成長は鈍いものの、WiMAX を上回るだろうとしている。

WiMAX は、ネットワーク構築の難しさや対応携帯機器の普及の遅れにより、Sprint Nextel と ClearWire による取り組みが多少行き詰まりを見せている。

同報告書では、すでに成熟した市場では有線ブロードバンドや携帯ブロードバンド サービスが普及しているため、WiMAX が入り込む余地はないだろうと述べている。2015年までに WiMAX は全世界で9800万人の顧客しか獲得できず、そのほとんどが発展途上国に由来するものだ。

Analysys Mason によれば、一方の LTE は、世界の通信事業者の多くが好む技術となり、2015年までに4400万人の顧客ベースを達成し、全世界で1940万ドルの売上をもたらすことが見込まれているという。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.