Mobile

モバイル

Apple と DRM が音楽業界に与えた打撃

Jamie Lendino
2008年6月28日 / 13:00
 
 
Red Herring は「調査会社の eMarketer から金曜日に発表された報告によると、Apple の ipod には音楽業界の衰弱に対して責任の一端がある」と伝えている。

そのレポートを執筆した Paul Verna によれば「Mac のメーカーは規制と互換性の欠如による混乱状態のトーン作りに手を貸した」とのこと。また、音楽業界の売り上げは、消費者が混乱していることで減少し続けているとも述べている。

「その理由の大部分は、音楽ファンが、互換性のないフォーマットやプレイヤー、規制あるいは販売元の整理を求められていることだ。この簡易性のなさが販売を減速させている」

レポートは「消費者が音楽を複製できる場を制限しているデジタル著作権ないし DRM は、デジタル音楽の販売を削減する役割も果たしている」という。一方、音楽業界はついに Amazon MP3 ストアから、より最近の例では Napster のような販売元から DRM を除去する方向へ踏み出した―が、それも十分ではなかった。また、レポートはダウンロード販売のトレンドは2008年中ずっと続くだろうと述べている。
【関連記事】
Apple、『Safari』の「じゅうたん爆撃」問題を解消
iPhone を侮ることなかれ
VMware、次期『VMware Fusion』で『Mac OS X 10.5 Server』に対応
【中国】Apple、中国聯通と交渉、中国大陸市場に「iPhone」を導入か
Apple、『QuickTime 7.5』をリリースし5件の脆弱性に対応

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites