japan.internet.com
モバイル2008年5月26日 09:00

航空機内で使いたい携帯電話機能は、通話よりデータ通信

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20080526/12.html
著者:Judy Mottl
海外internet.com発の記事
もし米国の航空会社が、機内での携帯電話の利用を許可しても、ほとんどの乗客は、通話用の特別な空間が機内に設けられていない限り、他人の携帯電話の会話を耳にしたくないと思っているようだ。それよりは、携帯電話によるデータ通信を離陸後に許可してもらいたがっている。

こうした傾向は、Yahoo! の依頼によって調査会社 Harris Interactive が実施した調査で明らかになったものだ。同調査では一般の人々を対象に、米国における航空機内の携帯電話利用について尋ねた。

レポートによれば全調査対象者のうち、74%が携帯電話の機内利用を通話以外の機能に限定すべきだと考えている一方、ほぼ同じ割合の69%が、通話用の特別な空間を設けて欲しいと考えている。

また、回答者の60%が飛行中に携帯電話で通話以外の機能を利用したいと考えている。具体的にはテキスト メッセージが38%と最も多く、Eメールは28%、ゲームは29%だった。

Yahoo! の広報担当 Nicole Leverich 氏は、取材に対して次のように語った。「人々は飛行中に携帯電話を利用したいと考えているものの、どちらかといえば携帯電話をポケットに入れたコンピュータのように捉えていることが、同調査から分かる」

米国の航空当局や電気通信当局は、飛行中の携帯電話利用を禁じた今の状況をまだ変えていないが、欧州連合加盟国のうち20か国は、自国の航空会社が携帯電話サービスを開発し提供することを認めている。

今回の調査では、飛行中に使いたいと考える携帯電話の具体的な機能が、年齢層によって異なることも判明した。

調査対象者の中で、43%と最も大きな割合を占める35歳から44歳までのグループは、最も利用したい携帯電話の機能として Eメールのチェックを挙げた。しかし、18歳から34歳までのグループは、62%がテキストメッセージを、さらに29%がインスタント メッセージを利用したいと回答している。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.