Mobile

モバイル

旬を捉えることが差別化になる

中橋義博
2008年4月2日 / 09:00
 
 
先日、辞書の収録語の入れ替えに関する記事を見かけた。その記事によると収録語の数は増えているが、改訂をする度に多くの言葉を削ってきているとのことだった。

このニュースを読んで何となくリスティング広告にも当てはまる気がした。

以前の私のコラムに「そのキーワード、本当に捨てて良いのですか?」や「果報は寝て待て!」というテーマでキーワードの取捨選択について触れてきた。

読まれたことが無い方のために簡単に解説をすると、「意味無く多くのキーワードを管理する必要性は無いが、重要だと思うキーワードについては検索数が少なくても管理をすべきである」といった一読すると矛盾をするような内容であった。

前述に関しては、「キーワードをどう管理するか」という話であったが、今回はキーワードを追加するという観点からお話をしたい。

以前からその傾向はあったのだが、今は輪をかけて言葉を短くする傾向があるように感じている。例えばアーティスト名もそうだが、最近何かと話題の流行語である「KY」や隠語である「JK」みたいな言葉が典型的な例である。

つまり、今はこの様な「短いけども意味をもつ」言葉をどれだけキャッチアップしていけるかというのが、殊更若年層を狙うのならば重要になってくると考えている。

そのような言葉をなるべく早くキャッチアップする。そして検索数が少なくなってきたならば、早めに捨ててしまう。

この作業の繰り返しが重要はないだろうか。

特に若者の流行語は以前と比較しても短命の傾向であるため、頻繁にこの作業を繰り返す必要が発生してくる。

逆にキーワードが旬を過ぎてしまうと、この様な若者の流行語は一気にネガティブな様相を呈してくる。一昔前の流行語は懐かしむのではなく面白がられ、笑いのネタになってしまうことが多い。

その際に広告が露出されたとしても、いいイメージでは受け止めてもらえないだろうし、クリックも発生し難い。

そうなる前にキーワードを捨てるのが重要になってくるのだ。

どのようにこのような流行語を見つけるのかというのは難しい問題なのだが、手間はかかってしまうが若者のユーザーが多くいるサイトを定期的にウォッチし続けるのが確実ではないかと考えている。

ウォッチを続け、ある程度ユーザーに浸透してきた段階でキーワードとして採用するのはどうだろうか。

キーワードは生物である。いかにアンテナを張り巡らせ、採用や削除の「旬=タイミング」を捉えられるかというのが他者との差別化に繋がっていくのではないだろうか。
【関連記事】
ソーシャルメディア最適化(SMO)の効果を Web 解析で見るには
上がる「効果」というハードル
半数以上が「役立つ」と感じる検索連動型広告〜Web 検索に関する調査
中国版 Baidu.com のリスティング広告など、日本国内向けに販売開始
自らの位置を知る

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites