Mobile

モバイル

Google、700MHz 無線周波数帯の競売に向けて着実に前進

David Needle
2007年11月20日 / 11:00
 
 
Apple は先端的な携帯端末『iPhone』で携帯電話業界を震撼させたが、モバイル機器運用ネットワークで同じように業界を揺るがせたいと望んでいるのが Google だ。

Google は今年8月、米連邦通信委員会 (FCC) が来年1月に予定している700MHz 無線周波数帯の競売について、条件さえ整えば、46億5000万ドルで入札に参加する意向があることを明らかにしていた

『Wall Street Journal』(WSJ) 紙が16日に報じたところによれば、Google はすでに、カリフォルニア州マウンテンビューの本社で高度なワイヤレス ネットワークのテスト運用を始めており、入札への参加はより確実になっているという。

Google の CEO (最高経営責任者)、Eric Schmidt 氏は10月のアナリスト向け会見で、FCC の競売ではパートナーと協力する余地があると述べたが、WSJ によれば、Google は現在のところ、自社の資金と、おそらくはある程度の借り入れ資金を財源として、競売に参加する計画を練っているとのことだ。

Google は具体的な参加計画に関するコメントは避けたが、取材に対して以下のように返答してきた。

「当社の目標は、オープンで競争のあるワイヤレスの世界において、米国の消費者がより多くの選択肢を持てるようにすることだ。当社はすでに、この目標の達成に向けて大きく前進しているが、今後もいっそう前進していくものと考えている。FCC の規則では、12月3日までに計画を明らかにすることが求められており、当社はそれに向けて全力で取り組んでいる。現在は、競売に参加するために必要なあらゆる準備を整えているところだ」
【関連記事】
ENDLESS-JAPAN、Yahoo! 対策・Google 対策の「SEO マーケティング.jp」
【中国】07年中国サーチエンジン市場規模、76%増29億3,000万元に
【中国】百度、3G携帯サービス向け検索開発に着手〜大手数社と協力
欧州委員会、Google と DoubleClick の合併計画をさらに調査
Google プレースメントターゲットを活用した広告戦略

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites