Mobile

モバイル

【中国】NTT ドコモ、3G携帯サービスで市場開拓〜用友集団と合弁

株式会社 日中経済通信
2007年10月26日 / 16:30
 
 
2007中国国際通信展の NTT ドコモの展示ブースでは、モバイルビジネスの他にも、携帯ダウンロード、おサイフケータイ、携帯電話キーなどの各種サービスが展示された。

NTT ドコモは、日本での3G携帯サービス利用者をすでに4,000万人獲得しており、展示されたこれらのサービスは、すべて日本で発展が最も期待されている業務。中国では3G業務はまだ開始されていないが、NTT ドコモは日本ですでに習熟したこれらの業務を中国市場に導入しようと考えている。

用友集団と NTT ドコモは今年2月、共同で合弁企業を設立すると発表。企業のモバイル情報化に傾注し、モバイルビジネスのプラットホームの応用と開発に従事する構え。合弁企業の総投資額は1,342万ドルで、社名は「用友達康」(暫定案)。NTT ドコモは、同社の3分の1の株式を所有する。

用友集団の楊健総裁補佐はこのほど、「用友と NTT ドコモの合弁企業は、現在関係主管部門の審査および認可を待っている段階。全過程は年末以前に完成する見込み」と述べた。


記事提供:日中経済通信
【関連記事】
【中国】初の知能メモリーカード発表、用途は広範囲〜中国普天信息
【中国】コア技術確立で TDB 第四世代分野に専心〜大唐電信科技
【中国】米ソフトウェアソルーション企業29West、アジアにオフィス設立
【中国】「天津高新区」着工、入居希望420社に〜先進ソフト基地構築
【中国】中国、07年携帯電話生産5億-6億台に〜世界シェア50%予測

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites