Mobile

モバイル

携帯からパソコンデータをコントロール、「メモリーボックス法人版」

japan.internet.com 編集部
2007年10月19日 / 15:10
 
株式会社インフォテクトは2007年10月19日、マルチキャリア対応の顧客情報管理システム、「メモリーボックス法人版」を2007年10月1日より正式リリースした、と発表した。

メモリーボックスは、社内にいなければできなかった、顧客情報の検索や抽出、メールの送受信、資料のプリント、営業報告や情報共有、データの保存などの業務を、携帯電話1つで外出先から行うことができるサービス。

顧客情報だけでなく、営業報告、商品情報、ワード、エクセルなどのデータに関しても、どのようなデータを保存したか、印刷したか、管理画面より一覧できる。

また、携帯電話からワード・エクセル・パワーポイント・ZIP ファイルなどのデータが サーバに保存でき、富士ゼロックス株式会社との提携により、全国約1万2,000店舗のセブンイレブンに設置されているマルチコピー機にて、プリントアウトを行うことができるという。

料金は、1アカウント1,785円(総額)から。

メモリーボックス法人版
*クリックして拡大
【関連記事】
富士ゼロックス、特許情報と文献情報の検索サービスを開始
コンビニでネット上のファイルを出力するサービス
講談社、マイクロソフトなど、オンデマンド出版会社設立

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites