Mobile

モバイル

Apple、『iPhone』用 SDK を2008年2月にリリースへ

Sean Gallagher
2007年10月19日 / 12:00
 
 
Apple は17日、『iPhone』用ソフトウェア開発キット (SDK) を来年初めにリリースすると発表した。iPhone 用アプリケーションに関する従来の方針を、唐突に180度転換した形だ。

『iPod Touch』にも対応するこの SDK は、サードパーティのソフトウェア開発者が iPhone および iPod Touch 用に独自のアプリケーションを開発および展開できるようにするものだ。

Apple の Web サイトに掲載された声明の中で、同社 CEO (最高経営責任者) Steve Jobs 氏は次のように述べている。「一言言わせて欲しい。われわれは iPhone 上で動くネイティブなサードパーティ製アプリケーションを求めており、来年2月には開発者の手元に SDK を届ける計画だ。iPhone を中心とした活発なサードパーティ開発者コミュニティを形成し、ユーザーに多数の新しいアプリケーションを提供することに、われわれは興奮している」

Apple の広報担当者によると、現時点では SDK のリリース計画に関して、Jobs 氏の声明以上の詳細は決まっていないという。だが情報が少ない今回の発表でさえ、アプリケーション開発者は歓迎した。これまで、iPhone プラットフォームにアクセスするには、ブラウザベースのアプリケーションを開発するしか手段が無かった。

Apple は、1年近く前から続いたソフトウェア開発者の不満の声や、サードパーティ製アプリケーションを稼働可能にするために iPhone を不正改造しようとする試みが広く行なわれるといった事態の末に、今回の発表に至った。

Jobs 氏がセキュリティを気にかけていることも明らかだ。同氏は次のように述べている。「SDK をリリースするには、来年2月までかかる。なぜなら、われわれはまったく正反対のことを同時に行なおうとしているからだ。それはつまり、先進かつオープンなプラットフォームを開発者に提供することと、iPhone ユーザーをウイルス/悪質ソフトウェア/個人情報を狙う攻撃などから保護することだ。これは簡単な仕事ではない。(中略) われわれの携帯電話がより強力になるにつれて、こういった悪質プログラムの危険性も増す。しかも iPhone は、これまでで最も進んだ携帯電話であるため、目立つ攻撃対象になる」

Jobs 氏は、同社がどのように取り組んでいくかを示す例として、Nokia の最新の携帯電話を引き合いに出した。Nokia の最近の製品は、開発者のデジタル署名付きのアプリケーション以外は、ロードできないようになっている。

Jobs 氏はこの点について、今回の声明で「この方法が正しい方向へのステップだと、われわれは考えている」と述べている。
【関連記事】
Apple の新 OS 『Mac OS X v10.5 Leopard』、まもなく発売
Greenpeace、『iPhone』に有害物質が含まれていると非難
Leopard の売上は Microsoft 次第
ごうまんさを発揮する Apple
Apple、『QuickTime』に残っていた未解決の脆弱性を修正

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites