Mobile

モバイル

ドコモ、「2in1」に着信回避機能と WEB メールの自動端末保存機能を追加

japan.internet.com 編集部
2007年10月4日 / 17:40
 
NTT ドコモグループ9社は、2007年10月4日、1台の携帯電話で2つの電話番号・2つのメールアドレスを使い分けできる「2in1」に、2つの新機能を追加することを発表した。

追加されるのは「A・Bナンバーごとの着信回避機能」と「Bアドレスで利用する WEB メールの自動端末保存機能」。両機能とも10月10日午前10時より提供される。

「A・Bナンバーごとの着信回避機能」では、利用している電話番号ごとに着信制限設定ができ、着信時には「電源 OFF/圏外」と同様の音声ガイダンスが流れる。

留守番電話サービスを利用している場合は、留守番電話へ接続、転送でんわサービスを利用している場合は、指定番号に転送される。

現在「2in1」を利用しているユーザーは「1414」へ発信し、ガイダンスに沿って設定することで同機能を利用できる。

「Bアドレスで利用する WEB メールの自動端末保存機能」は、Web メールにて提供されている Bアドレスのメール機能で、受信したメールを自動的に端末へ保存できる機能。

これにより、メールを確認するたびに WEB メールサイトに接続する必要がなくなり、通常の iモードメールと同様に受信および確認が可能となる。

なお、自動保存されたメールからの返信はできず、返信する場合は WEB メールサイトで行うことになる。

WEB メールサイトにて、自動振分設定を行っている場合は、フォルダごとに自動端末保存設定が可能となる。

現在「2in1」を利用中のユーザーは、WEB メールサイトの「WEB メール設定」の「新着メール受信設定」を「自動端末保存」に設定することで利用可能となる。

今回の機能追加による追加料金はなく、これまでどおり月額945円(税込)で利用できる。
【関連記事】
ドコモの FOMA サービス契約者数が全国で4,000万契約を突破
ドコモの「メロディコール」が固定電話にも対応
ドコモ、HSDPA に対応したカード型データ通信専用端末2製品を開発
jig.jp、メタボ解消をサポートする「jig GPS チェッカー DX」を提供
ソニー、FOMA HIGH-SPEED 接続対応ノート PC を10月22日に発売

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites