Mobile

モバイル

ウィルコム、「有害サイトアクセス制限サービス」を10月4日開始

japan.internet.com 編集部
2007年10月3日 / 13:10
 
ウィルコムおよびウィルコム沖縄は、2007年10月3日、出会い系サイトなど青少年の利用が禁止されている有害情報サイトへのアクセスを制限する「有害サイトアクセス制限サービス」を、10月4日より開始することを発表した。

有害サイトアクセス制限サービス」は、9月6日に同社が発表したもので、若年層ユーザーが利用する子ども向け端末以外の端末においても、出会い系サイトや成人向けサイトなどの有害情報サイトにアクセスできなくするサービス。

なお同サービスには、ネットスターURL データベースが採用されており、この情報を基に不適切と思われるサイトをフィルタリングしている。
【関連記事】
ウィルコム、20Mbps 以上を実現する「次世代 PHS」導入に向け2.5GHz 帯の免許を申請
ウィルコム、日産自動車の「カーウイングス」に初の定額通信サービスを提供
『AIM』に新たな脆弱性、AOL は対応済みと主張
ウィルコム、スペシャルオリンピックス・上海、日本選手団に「WX320KR」100台提供
ウィルコム、PHS を全国で内線として使えるソリューションを発表

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites