Mobile

モバイル

アクロディアなど、携帯機器向け動画圧縮伸張ソフト「VIVID Movie」を開発

japan.internet.com 編集部
2007年7月3日 / 09:00
 
アクロディアシリコンスタジオは、2007年7月2日、携帯機器向け動画圧縮伸張ソフトウェア「VIVID Movie(ビビッド・ムービー)」を開発したことを発表した。

VIVID Movie は、シリコンスタジオの「XCV(eXtreme Codec for Video)」動画圧縮伸張技術をベースに開発、携帯電話機や小型携帯機器などの限られたメモリや CPU 性能の環境でも高度な動画処理を高速に実現し、リッチなムービーコンテンツを再生できる。

ミドルウェアとして携帯機器向けに提供され、VIVID UI との連携によりメニュー画面にムービーコンテンツを用いることで表現力の高いユーザーインターフェイスが実現できる。動画の圧縮率も高いため、コンテンツのダウンロードにも負荷を掛けない。

ARM などの組み込み型省電力 CPU 用に特化して設計、CPU 負荷やメモリ消費量を軽減し、DVD クオリティの動画機能を提供する。プラットフォームに依存せず、システムへの組み込み自由度が高いミドルウェアとなっている。

デコーダ機能は、省メモリ、省電力に最適化されたデコーダシステムを実現。使用できるバンド幅に合わせてクオリティを自動調整できる。PLAY、STOP、PAUSE、Forward/Backward、Jump、Chapter jump など、DVD と同等の再性機能を搭載する。

サウンドは、48KHz のステレオをサポート。ピクセルフォーマットは、16bit/24bit/32bit をサポートする。

エンコーダ機能は、24bit/32bit の AVI 形式に対応。YUV/RGB 形式のエンコードにも対応する。自動バンド幅調整機能によりクオリティの自動調整が可能、動画像の最終サイズを指定して圧縮することもできる。

AMBS(Automatic Movie Best Schemes sequence choice)機能により、最適な圧縮率と画質を自動調整可能、GUI 操作による各種パラメータの調整や設定が行える。
【関連記事】
アミューズメント機器と FeliCa の連携ソリューション「VIVID Touch」
「SoftBank 912SH」にアクロディアの「VIVID Panorama」が採用
アクロディアの「VIVID Panorama」、KDDI の「W52SA」に採用
「VIVID UI」のアクロディア、モバイル FeliCa 分野に進出
CA モバイルとアクロディアが提携、「VIVID UI」を利用した新事業を共同展開

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites