Mobile

モバイル

モバイルサイトにおけるランディングページ最適化

中橋義博
2007年4月4日 / 10:00
 
 
最近、モバイルサイトにおけるランディングページ最適化(以下 LPO)という概念が、PC Web サイトの LPO 同様に注目され始めている。

まだ聞きなれない言葉かもしれないが、誘導した見込み客が、今まで以上に購入や申し込みといった行動を起こすよう、SEM 広告に入稿したリンクページ(ランディングページ)のデザインやサイト構成そのものを見直す(最適化する)テクニックを指す。

同じ広告予算から得られる売り上げを増加させる、もしくは同じ売り上げをより少ない広告予算で獲得できるようになるため、費用対効果を考える広告主が LPO に注目するのは当然の流れである。

LPO の基本は、見込み客の行動を分析または予想し、効率良く購入や申し込みをさせられるであろうランディングページを複数作成することから始まる。その複数のランディングページを交互に表示させ、一定期間で獲得できた総数(売上金額や申し込み数)と獲得単価のバランスが良いものと悪いものを選り分ける。

そして結果の良いページだけを残しつつ、さらなる仮説から考えたランディングページを作成し比較テストに投入する…という手順を繰り返すプロセスになる。季節や流行に影響を受けるため究極のランディングページというものは存在せず、終わりのない作業となるが、競合他社に負けないために実施する価値は十分にあるといえる。

こういった作業が面倒だという広告主向けには、モバイル LPO のコンサルティングサービスを提供している企業もあり、アウトソーシングも可能になってきた。また LPO には欠かせないモバイル向けトラッキングツールも高性能化してきている。

こういった背景を考えれば、今後 LPO を導入する広告主が増えることは間違いないであろう。モバイル SEM 広告の費用対効果の向上策が手軽になることによって、結果的にモバイル広告の重要性が更に高まることを期待している。
【関連記事】
LPO の本当のゴールとは…?
魔法のiらんど、モバイル広告にサーチテリアのサービスを導入
モバイル SEM で効果を上げる入稿文
モバイル SEM で費用対効果を高める方法
モバイル SEM 活用事例(4)「4つの要点」

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites