Mobile

モバイル

NXP、携帯電話への「FM RDS」受信機能統合を可能にする新 IC を発表

japan.internet.com編集部
2006年12月22日 / 13:20
 
NXP Semiconductors は、2006年12月22日、新しい IC「TEA5766」を発表した。この新しい IC により、携帯電話端末メーカーは新既製品開発の際 RDS(Radio Data System)を搭載した FM チューナを搭載することが可能となる。

RDS は、欧州では1990年代初期から車載ラジオの標準機能として普及しており、放送局名や歌の情報など、ユーザーが聴いているラジオ番組に関する情報を提供し、必要に応じて交通情報やニュースなどの番組へ自動的に切り替えることが可能となる。

TEA5766 は前モデル TEA5764 の半分のサイズで、使用しているコンポーネント数も少ないため PCB に必要なスペースも少なくて済み、メーカーは50%のコスト削減を実現できる。

また、低消費電力化を実現する一方、SN(signal-to-noise)性能の強化により、特に信号レベルが低い環境において、モノラルとステレオの両方でより優れた音質を提供する。

現在、携帯端末への FM ラジオ統合に対する消費者のニーズは高まっており、2010年までに世界中で販売される携帯電話の45%が FM ラジオを搭載していると複数の戦略アナリストが予測しているという。

NXP TEA5766 は、すでに出荷開始されている。
【関連記事】
ラジオ告知メアド2割が送信、URL アクセスは3割〜ラジオに関する調査
NXP、ポータブルデバイス向け 1.8V UART ファミリを発表
NXP の FlexRay トランシーバが「BMW X5」に採用
NXP、デスクトップ/ノート PC 向け PC TV ソリューションを発表
NXP、マルチメディア対応の GPS デバイス ソリューションを発表

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites