japan.internet.com
モバイル2006年7月18日 17:50

HTC のスマートフォン「hTc Z」が NTT ドコモに法人向けで登場

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20060718/3.html
著者:japan.internet.com編集部
国内internet.com発の記事
台湾 High Tech Computer Corporation(HTC)は、2006年7月18日、日本法人 HTC Nippon 株式会社の設立と、スマートフォン新製品「hTc Z(ズィー)」の発表に伴う戦略記者発表会を行った。

HTC は、「hTc Z」を NTT ドコモに納入、NTT ドコモは法人向けに「hTc Z」を販売する。コンシューマ向けの販売は、今のところ予定されていない。

hTc Z は、横から引き出すスライド式 QWERTY フルキーボードを搭載したスマートフォン。操作デバイスには、キーボードのほか、ジョグホイールと付属のスタイラスで操作するタッチパネルも採用している。

OS には Windows Mobile 5.0 日本語版を採用しており、Windows Server や Microsoft Exchange Server 2003 SP2 との連携により、Direct Push による Push メール、スケジュール同期や、リモートワイプなどのセキュリティ機能に対応する。

通信方式は W-CDMA、GSM、GPRS に対応し、国際ローミングを利用できる。3Gネットワークだけではなく、Bluetooth、Wi-Fi(IEEE802.11b/g)、赤外線通信に対応。また、有線接続端子としてmini USB ポートを備える。外部メモリには、microSD が採用されている。

企業向けリモートアクセスサービス「ビジネス mopera」シリーズに対応し、社内 LAN を FOMA ネットワークと接続することにより、セキュアなリモートアクセス環境での利用が可能だ。

発表会では、NTT ドコモの法人営業本部プロダクトビジネス部長の三木茂氏が登壇し、同社の法人サービスにおける hTc Z の位置づけを説明した。

NTT ドコモの売り上げにおける法人向け事業の割合は1割という。その内訳はほとんどが通話料となっており、ソリューションの売り上げではないという。

これまでに NTT ドコモは、FOMA M1000 といったビジネス向けスマートフォンも投入しているが、Microsoft Exchange と親和性が高く、プログラマブルで、ソリューション開発により適したモデルとして、hTc Z を位置づけているという。

また、通常の携帯電話は「NTT ドコモ」のブランドで発売されるものだが、hTc Z は「HTC」ブランドで発売されるという。これは NTT ドコモとしては初の試みで「新スキームの第一号」と三木氏は述べた。

なお、すでに2社が hTc Z の導入を決定しており、15社が導入を検討しているという。

hTc Z(ズィー)
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.