Mobile

モバイル

Bluetooth の機能をわかりやすく表示する5種類のアイコンが策定

japan.internet.com 編集部
2006年6月16日 / 17:20
 
Bluetooth SIG は16日、Bluetooth 技術を搭載した製品を消費者にわかりやすいようにアイコンで示す「エクスペリエンスアイコン プログラム」を開始した。

この試みによって、消費者が製品パッケージに印刷されたアイコンを通じて Bluetooth 対応機器を探し、各機能を理解できるようになるほか、製品を扱う小売業者にとっても販売のプロセスが簡略化されるという。

提供されるアイコンは、Bluetooth 対応機器の全機能を具体的に示すとともに、各機器の特定アプリケーション機能を保証する役割を果たす。今後、Bluetooth 対応機器のパッケージには利用可能な全機能が今回決定したアイコンで示されることになる。

Bluetooth 技術の各機能を示すアイコンは現在、「印刷」「入力」「ヘッドセット」「転送」「音楽」の5種類。
5種類のエクスペリエンスアイコン

これらのアイコンは現在の5種類に加え、年内にはダイヤルアップネットワーキングや車載ハンズフリーユースケースなど、新たな種類が追加される予定。

Bluetooth SIG では、Bluetooth 対応機器メーカーに対し、エクスペリエンスアイコンを製品パッケージに採用するよう働きかけていく。
【関連記事】
Bluetooth を利用した健康管理やエクササイズを目指す WG 設立
Bluetooth、対応製品の増加と共に高まる認知度
Bluetooth SIG、高速 Bluetooth アプリ向けに WiMedia Alliance の UWB 技術を選択
Bluetooth の普及団体、開発プロセスを簡素化する検証用ツールを提供
Bluetooth、機能強化を定めた3年間のロードマップを提示

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites