Mobile

モバイル

沖電気、ZigBee にワンチップで対応する LSI を開発

japan.internet.com編集部
2006年6月13日 / 16:00
 
沖電気は、2006年6月13日、ZigBee にワンチップで対応する LSI「ML7222」を開発したことを発表した。

ワンチップ化することで、ZigBee 対応機器の低価格化、低消費電力化、小型化が実現する。この LSI は Integration Associates, Inc. の開発したソフトウェアを搭載する。2006年6月13日より、順次サンプル出荷される。

ZigBee ネットワークは通常、ネットワーク全体をコントロールする「ZigBee コーディネータ」、情報をネットワーク上でルーティングする「ZigBee ルータ」、およびさまざまな情報をセンサーなどを通じて収集する「ZigBee エンドデバイス」の3種類の ZigBee デバイスで構成される。

この ZigBee デバイスは従来、IEEE802.15.4に準拠している、ZigBee プロトコルスタックの下位層にあたる RF 部から MAC 部までの機能を備えた LSI と、上位層の ZigBee ネットワークおよびアプリケーションを実行するための MCU の2チップで実現していた。

沖電気が今回開発した「ML7222」は「ZigBee エンドデバイス」の機能をワンチップで実現する商品だ。

10bit ADC(アナログデジタルコンバータ)、最大16本の汎用入出力ポートを備えており、センサーやスイッチと組み合わせることにより、さまざまな情報を収集する ZigBee エンドデバイスを実現できる。

また、「ML7222」は、ZigBee エンドデバイスのみではなくアプリケーションやネットワークの規模によって、ZigBee コーディネータ、ZigBee ルータにも使用できる。

開発者は、開発したアプリケーションソフトと Integration 社のソフトウェアである「CompXs ZigBee Stack」を ML7222 にダウンロードすることで、簡単に ZigBee デバイスを実現できる。

また、「ML7222」は送信時の消費電流が 24mA、受信時の消費電流が 26mA と、沖電気の従来品と比べ、送受信時の消費電流を半分以下にすることに成功している。

沖電気の低消費電力機能により、待ち受け時の消費電流も低減。消費電流をおさえることにより電池寿命の延長も実現する。

なお、アプリケーションによっては MCU を自由に選択できる従来型の「ML7065」も引き続き供給される。

ML7222 は、消費電流が従来の半分という特長と、ワンチップ化による省スペース性を活かし、ホームシアター用の AV 機器、POS/電子棚札、携帯電話と組み合わせた新規サービス、センサーネットワークといった分野での利用が想定されている。
【関連記事】
南ア Crabtree 社、Freescale の ZigBee ソリューションを採用
『Integrity NonStop』を中規模企業にも、HP が低価格の新製品
Freescale、ZigBee 仕様のソフトウェアスタックと開発キットを発表
CTC、HP 製品に対してメーカー同等サービスを開始
沖電気と KDDI、企業向けモバイルソリューション事業展開で提携

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites