Mobile

モバイル

Freescale、モバイル機器向け WiFi V2IP ソリューションを発表

japan.internet.com編集部
2006年4月6日 / 17:30
 
フリースケールは、2006年4月6日、TV会議、ビデオストリーミング、およびVideo and Voice over-IP(V2IP)アプリケーション向けのワイヤレス LAN(WLAN)ソリューションを発表した。

この WLAN ソリューションにより、バッテリ駆動時間を犠牲にすることなく WLAN 機能を搭載したマルチメディア機器の提供が可能となる。

この統合 WLAN ソリューションは、プログラマブルなモデム技術をベースとし、Windows CE および Linux 用のドライバを搭載、Freescale の i.MX21 アプリケーションプロセッサと LP1070 WLAN ベースバンドプロセッサを組み合わせることにより、包括的なハードウェア・ソフトウェアソリューションを実現する。

LP1070 は、スタンバイモードだけではなく、アクティブモードでも WLAN 間の通信距離や速度を犠牲にすることなく、省電力化できる。

Freescale の超低消費電力 WLAN ソリューションは、ポータブルメディアプレーヤー、スマートフォン、VoIP コードレス電話、ワイヤレスゲーム機、デジタルスチルカメラなど、消費電力の増加と、小型化を続ける現在のコンシューマ機器に適しているとされる。

LP1070 プロセッサは、高い電力効率と性能の両立が特徴。LP1070 の中核の一部を担っているのは、Freescale のワイヤレスブロードバンド信号処理(WBSP)技術で、低電力、低コスト、およびマルチモードサポートにおいて従来の DSP や ASIC を凌ぐという。

LP1070 ベースバンドプロセッサは、パッケージラインナップとして LP1071 および LP1072 VFBGA パッケージと、LP1070FC フリップチップデバイスが用意されている。

i.MX21 プロセッサは、ARM926EJ-S をコアとする製品で、スマートフォン、モバイルゲーム機、ビデオ/オーディオメディアプレーヤー、GPS システム、その他の多くのモバイルワイヤレスアプリケーション向けアプリケーションプロセッサとして幅広く採用されている。

i.MX プロセッサは、Windows CE および PocketPC、Palm OS、Symbian OS、Linux OS や他の主要な RTOS など、多くのソフトウェアをサポートしている。また、リファレンスデザインによって、次世代モバイル通信製品の開発を大幅にスピードアップする。

i.MX21 アプリケーションプロセッサは量産出荷中、LP1070 WLAN ベースバンドプロセッサは、サンプル出荷を開始している。
【関連記事】
Freescale と Jungo、SMB 向けネットワーキングソリューションを発表
Freescale、68K/ColdFire マイクロコントローラの新製品を発表
フリースケール、PowerQUICC 向けパワーマネジメント IC を拡充
H.264方式テレビ電話やワンセグの同時録画再生を実現する技術が発表
Compal、ZigBeeモジュールにFreescale のプラットフォームを採用

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites