Mobile

モバイル

マスマーケットを重視した戦略〜Symbian CEO 来日記者説明会

japan.internet.com編集部
2006年3月24日 / 14:20
 
2006年3月24日、Symbian の CEO である Nigel Clifford 氏が来日し、シンビアン社において来日記者説明会を行い、Symbian の2005年の業績の総括、および戦略について説明した。

Clifford 氏は3Gスマートフォン市場における Symbian OS の戦略を3つのフェーズに区切って説明した。フェーズ1は「証明」、フェーズ2は「浸透」、そして現在は第3の「増加」フェーズにあるという。

Symbian OS 搭載携帯電話の出荷台数は5,880万台に及んでおり、世界の携帯電話市場の85%を占める13社がライセンシーとなっている。また2005年に販売された3G携帯電話の35%が Symbian OS 搭載モデルとなっている。「浸透」フェーズは十分に完了したといえるだろう。

Symbian の現在の戦略である「増加」フェーズでは、マスマーケットに大きく注目しているようだ。

2005年にはマスマーケット向け製品である「Symbian OS v9」を発表、シングルコアのリファレンスデザインを開発し、らくらくホン、Nokia 3250といった初の中級機種への搭載が実現するなど、マスマーケットに力を入れており、「Symbian OS は、より多くのさまざまな場所で使える」ことをアピール、増加フェーズの推進力としている。

2月に発表された、7月に始まる新たな価格モデルでは、低コストで出荷台数増加が見込めるセグメントでの Symbian OS の採用を促進するとともに、オープンでフェアな価格設定を維持していく考えだ。

また、Clifford 氏は、日本の市場に関して「Symbian にとって非常に重要な市場であり、売り上げの12%は日本市場。またもっとも急成長している市場でもある」とし、「現在、日本で学んだことが6〜12ヵ月後に世界で展開される」とし、日本市場は世界で最も進んだモバイルマーケット市場であると述べた。

Clifford 氏に続いて、シンビアン株式会社の久 晴彦社長が日本国内での業績総括と戦略を述べた。

現在、日本国内向けの Symbian OS 搭載モデルは27機種となっており、三菱電機の Music PORTER Xが発売となれば28機種となる。

今後の取り組みとしては、国内メーカーの海外進出、海外メーカーの日本進出をサポートしていくというグローバルな展開のほか、Freescaleルネサスといったメーカーのチップセットへの対応、FOMA 向け仕様の「MOAP」での NTT ドコモとの連携、「Symbian Signed」「Platform Security」によるセキュリティと安全性を実現する機能の強化などがあげられた。

質疑応答では「au との関係はどうなっているか」との質問が飛び出し、久社長は「現在、Symbian OS を搭載した CDMA2000 1x端末はない。しかし、もちろん KDDI と話はしており、韓国のオペレーターとも話をしている」と述べ、GSM、W-CDMA で成功を収めている Symbian OS の幅広い展開を示唆した。

また、Clifford 氏は、ボーダフォンの日本法人がソフトバンク傘下となることに関して、ソフトバンクが Yahoo!と結びつきが強いことに興味を持っており、「良い話の始まりだ」とコメントした。

Symbian CEO Nigel Clifford 氏
【関連記事】
SO902i発売で、日本国内向け Symbian OS 搭載携帯電話が27機種に
NM850iG、D702iで、日本国内向けの Symbian OS 搭載モデルが26機種に
ソフトフロント、Symbian OS v8対応 SIP/VoIP ミドルウェアを提供
ソフトフロント、Windows Mobile 5.0対応 SIP/VoIP ミドルウェア
Vodafone、モバイル検索で Google と提携

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites