japan.internet.com
モバイル2005年10月18日 16:30

沖電気、携帯カメラで本人認証ができる顔面画像処理ミドルウェアを発売

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20051018/3.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
沖電気工業株式会社は2005年10月18日、携帯電話向け組込用顔画像処理ミドルウェア「FSE(Face Sensing Engine)」を開発し、同日より販売開始する、と発表した。

今回開発した顔認識機能は、携帯電話に内蔵されているカメラに顔を向けるだけでユーザーを識別する。これにより、携帯電話を使用する自然な動作の中で、本人認証を行うことができる。

顔の検出から照合までの処理時間は約280ミリ秒(ARM9/100MHz)。また、瞬きなどにより検出した画像が照合に適さない場合には、次に続く画像の認識処理が約80ミリ秒で行える。

FSE では顔認識機能以外に、画像中から顔を含む領域を検出する「顔検出機能」や、目/眉/口の位置を検出する「顔特徴点検出機能」、顔表情の変化に伴う特徴点の位置の変化量を算出する「顔特徴点追尾機能」などもある。なお、これら機能は単独での使用や、同社の他製品と組合せることも可能だ。

販売価格はオープン。

同社では今後2年間で500万ライセンスの販売を目指している。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.