Mobile

モバイル

タイミング イズ マネー

西田 徹
2005年4月28日 / 09:00
 
 
「タイム イズ マネー」という言葉がある。 時間を有意義に使えという格言だ。 一方、モバイルマーケティングの極意は、 「タイミング イズ マネー」と言い換えられるだろう。

●見過ごされてきた「時」「分」のタイミング

マーケティングにたずさわるビジネスパーソンにとっては、 タイミングが重要であるのは常識だろう。 「もうすぐ母の日。お母様にお花をプレゼントしませんか?」 といったフレーズに代表されるように、 適切なタイミングで適切な内容を訴求すると、高い販促効果が得られるのだ。

しかし、従来からのこの手法は、ベストを尽くしたとは言い難い。 論点はタイミングの細かさである。 例えば、 店舗を持つ商売では雨が降り出すと客足が極端に落ちる。 であれば、多少値段を下げてでも集客を行うことがトータルではプラスになる。 でも、こういった「時」「分」単位のタイミングは、 今までほとんど生かされていなかった。

その理由は、 適切なコミュニケーション手段がないことだ。

例えば PC インターネットのメルマガだと、 受け取って開封した時点では雨がすでにあがっていたり、 もう次の日になっていたりする。 折り込みチラシや郵送 DM も同様にタイミングを逸してしまう。

アウトバウンドのテレマーケティングならタイミングを捕まえることができるが、 スーパーの雨の日ディスカウントといった客単価では、 そのコミュニケーションコストがとても見合わない。 なので、今までは泣く泣く「時」「分」といったタイミング活用が見捨てられてきたわけだ。

● モバイルなら「時」「分」さらには「秒」を活用可能

そしてモバイルが登場した。 常に携帯されているモバイルへのメール配信なら、 雨が降ってきたその数分後にさえ「雨の日クーポン」の配信が可能である。 また、コミュニケーションにかかるコストも、リーゾナブルで現実的だ。 「時」「分」レベルのタイミング活用は、何も降雨時だけに限らない。

例えば、居酒屋の例。 「今朝築地市場で極上伊勢エビをゲット♪ 今夜は、活け伊勢エビ刺身を10匹限定で1,500円でご提供! 売り切れ御免!」といったモバイルメールをお昼すぎに送れば、 高い来店率が望めるだろう。 朝の出来事を、昼過ぎには顧客にコミュニケーションする。 モバイルならではのタイミング活用だ。

また、 美容院などの直前空枠というタイミングも、 モバイルメールなら捉えることができる。 「明日は結構空いてます。直前割引10% OFF でご提供。 ご予約希望の方は、下記の PhoneTo を押して電話をください!」といった具合だ。

さらには「秒」という単位のタイミングも、モバイルなら活用可能である。 例えば、サッカーのワールドカップの予選で、 日本が得点するたびに数秒後にモバイルメールが送られてくる、 というサービスも十分考えられる。 このメール、精読率は100%に近いだろう。 ただし、そこに広告などをつけても、じっくり読んでもらえるとは限らないので、 こういった「秒単位」をとらえた有意義なサービスを提供しているスポンサーとして、 認知度や好感度を高めるという活用方法がいいかもしれない。

皆さんも、モバイルメールを活用し、「時」「分」「秒」といった未開拓のマーケティングチャンスをとらえてみてはいかがだろうか。 「タイミング イズ マネー」を肝に銘じていただけると幸いである。

記事提供:
【関連記事】
ケータイ連動雑誌『R25』
携帯でリアル連動(その3)
Suica がモバイルと連動!
携帯でリアル連動(その2)
携帯でリアル連動(その1)

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites