japan.internet.com
モバイル2004年9月16日 00:00

ドコモ、253i シリーズを開発

この記事のURLhttp://japan.internet.com/allnet/20040916/3.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモおよび NTT ドコモグループ8社は2004年9月15日、「253i」シリーズから3機種を発表した。

今回発表されたのは、三菱電機株式会社製の「D253i」、日本電気株式会社(NEC)製の「N253i」、松下電器産業株式会社製の「P253i」。

3機種ともに重量が100グラムを切っており、本体の大きさも折りたたんだ状態で手の中にすっぽりと入るサイズ。3機種ともにiモード対応で、内蔵カメラの有効画素数は約31万画素。

D253i は、「3WAY STYLE」という上下のスライド構造を採用。端末を閉じた状態でメール閲覧やiモードを、1段階スライドするとカメラが起動し、2段階スライドすると通話や文字入力ができる。また、あらかじめ録画した動画の中から選んだワンシーンを切り出して、静止画としてメールで送信できる「ムービーiショット」機能などを搭載した。

N253i は、カメラ撮影時に肌色や明るさ、ホワイトバランスなどを自動調整し、撮影後に画像修正する「ピクトマジック」や、絵文字を連続選択する際よく使う絵文字が選べる「絵文字簡単入力」機能を搭載。また N252i と同様に、待ち受け画面やメール送信時の画面に「くまのプーさん」が設定できる。

P253i は、iモードメールの受信や開封時に、本文中の絵文字に LED 部分が反応して光る「キラリメール」機能を搭載。4月2日に発表された P252is で LED が光る位置は折りたたんだ時の端末下部だったが、P253i ではアンテナ部分が光る。また、電話帳に登録した名前をキーワードにして、iモードメールや電話の発着履歴などのデータ表示が可能な「パートナー電話帳」などを搭載した。

端末の色の展開は、D253i:azzurro(青)、rosso(赤)、aurino(金)の3色。N253i:ブーケピンク、シュガーホワイト、エアブルー、アイスシルバーの4色。P253i:ピュアホワイト、ピュアブラック、ピュアブルー、ピュアピンク、ピュアイエローの5色。

左から、D253i、N253i、P253i
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.