Mobile

モバイル

ドコモ、FOMA F900i で再び不具合が発生

japan.internet.com 編集部
2004年8月3日 / 00:00
 
株式会社 NTT ドコモは2004年8月2日、現在発売中の「FOMA F900i」において、ごく稀に不具合が発生することを発表した。

不具合は(1)受信 BOX に保存されているショートメッセージ(SMS)を削除した後、削除したショートメッセージが再度受信する。(2)i アプリをダウンロードする際、サーバーの混雑などにより接続できない状況において「ソフトに誤りがあります」と、誤ったエラーメッセージが表示される。(3)自動応答装置などとの音声通話やテレビ電話の通話が終了した後、電源が再起動するの、計3種類が確認された。

これらの現象により、電話帳データや画像など、ユーザー自身が保存したデータが消えることはないとのこと。

同社では、携帯電話の「ソフトウェア更新」機能により、最新のソフトウェアへ更新するよう呼びかけている。最新ソフトウェアは同日〜12月31日まで提供する。なお、ソフトウェアの更新をする際のパケット料金は無料。

ソフトウェアの更新手順などについて不明な点がある場合は、「FOMA F900i ソフトウェア更新」問い合わせセンター(0120-090-516)で受付ける。問い合わせセンターは9月30日まで開設する。

FOMA F900i では3月3日にも不具合が発生しており、今回はそれに続いて2回目。
【関連記事】
ボーダフォン、夏モデル携帯の「V602SH」に不具合
小型iモード端末「premini」で、メッセージの表示ミスが発生
ドコモ「P252iS」に、常時圏外表示となる不具合
HP、ノート PC メモリ不具合で全世界規模の無償交換を実施
Yahoo! BBの ADSL モデムに不具合――18日より無償交換

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites