Mobile

モバイル

「24時間テレビ電話生活」体験中

三田隆治
2003年3月6日 / 00:00
 
 
僕は昨年の3月よりずっと、FOMA の「テレビ電話専用の番号」を WEB 上に公開し続けています。
自分が運営する非営利の FOMA 情報サイト「FOMAdeTV (http://www.foma-de.tv/)で、自らの電話番号を公開し「24時間、誰からテレビ電話がかかってこようと出ます」と宣言してみたのです。ねらいは「テレビ電話が日常的にある生活」というものを実地で体験してみること。この新しいインフラに対して人びとがどう接するのか、そこに新しいビジネスチャンスがあるのか、などを見てみたかったのです。

とかくテレビ電話という機能については写メールや動画メールに比べ、普及に対して懐疑的な意見が多いようです。通話コストが高いこと(FOMA の通常電話料金の1.8倍前後)、そして「互いの顔を見ながらコミュニケーションするなどという需要はない」という意見も多いようです。ところがこうした発言をよく聞いてみると、ろくにテレビ電話を体験することなく、せいぜい2〜3度ちょっと試した程度の印象で語っている人がほとんどだったりします。ならば、禅問答のような机上の議論を繰り返しているよりも、まず、テレビ電話のある生活を日常的に体験してみようというわけです。

結論からいうと、この1年間で僕にテレビ電話をくれた「見知らぬテレビ電話相手」は合計で130人以上、平均すれば3日に1人以上のペースでテレビ電話をしたことになります。つまらぬ自慢で恐縮ですが、これだけの人数とケータイでテレビ電話したのはおそらく日本でも僕だけでしょう(と、ドコモの人は言っていました)。随分とプライバシーを犠牲にした気もしますが、その分得られたものも大きかったと思っています。
最初に想像していた通り、テレビ電話をくれた人の多くは「FOMA のテレビ電話モデルを買ったが、テレビ電話する相手がいないので試すこともできない」という人でした。したがって、実際にテレビ電話をくれた人の半数ほどが「テレビ電話初体験」となったようです。

特筆すべきこととしては、こうしたテレビ電話を初体験する人の多くと「会話が成立しなかった」ということです。
どういうことかというと、テレビ電話をくれた FOMA ユーザーのうち半数近くが、ハンズフリー機能をオンにするか、イヤフォンマイクを使わずにテレビ電話をしてきたのです。テレビ電話は普通の電話と異なり、端末を顔から離して自分自身(または風景など)を映しつつ会話するので、ハンズフリー設定にするか、イヤフォンマイクを使わないと相手の声が聴こえません。実際にテレビ電話をくれた人の多くが、このことを理解しないままテレビ電話をかけてきました。ちなみに僕のWEBサイトの説明ページの冒頭部分に「テレビ電話時は、必ずイヤフォンマイクを使ってください!」と、デカデカと書いておいたのですが、こうした人は後を絶ちませんでした。
中には「テレビ電話」なのにも関わらず、電話機を普通の通話時のように耳に当てて話そうとする人すら数多くいました。当然、こういう体勢では私のカメラには相手の「耳」が大アップで写るだけなので、まるでテレビ電話の意味を成しません。

あと、自分の映像をあらかじめ写しチェックしてからテレビ電話する、つまり「事前にカメラテストをする」という行為をしないでかけてくる人も数多くいます。FOMA のテレビ電話用カメラは回転式の場合が多いのですが、レンズがあさっての方向を向いていたり、全然自分の方を向いていないなど、テレビ電話独特の機能に対する不慣れも目立ちました。
テレビ電話というのは「テレビ」ではなく、あくまで双方向なコミュニケーションなので、実のところ相手の顔を見ると同時に、自分の顔を「見せる」という部分が同じぐらい大切になります。そうした意味では、事前にカメラテストなどをして、部屋の照明を背負ったアングルで逆光になっていないか?(脱線しますが、こうした「後光」を背負って、顔が黒く潰れてテレビ電話してくる人もかなり多く、僕は個人的に「フランシスコ・ザビエル状態」と呼んでいます) あと、部屋の汚い部分はバックに見えていないか?など、最低限の気遣いは必要だと思います。
このあたりの、いわば「テレビ電話マナー」というべき点については、ちゃんと意識してくる方と、そうでない方の落差が目立ちました。どうやらこのあたりの差は、「テレビ電話経験」の大小もさることながら、個人のパーソナリティに根ざしているような気がしてなりません。
余談ですが、ちゃんと会話が成立した方との平均通話時間は、7〜10分ほど。7割以上がテレビ電話を切るときになぜかお辞儀をします。お辞儀したら、相手の顔は見えなくなってしまうわけですが、このへんはやっぱり「日本人らしいなあ」と感じさせるポイントでした。

…と、なにやら文句ばかり書いてしまいましたがこの1年間、私の「テレビ電話生活」は、総じて言えばなかなか楽しいものでした。
率直に言って最初の30名ほどは、テレビ電話にかなり抵抗感がありました。WEB サイトに自分の電話番号が公開されており、いつ誰からテレビ電話がかかってくるかわからない、という状況には、やはりストレスを感じることもあったのです。当然のことながら、「今部屋が散らかってる!」とか「起床したばかりで頭がボサボサだ!」という状況もあるわけですから。
しかし50名を超えるあたりからは、段々とそうしたことが気にならなくなってきました。そして90名を超えたあたりからは、驚くべきことに、普通の電話では何かが「物足らない」と感じる瞬間さえあるようにすらなりました。お馴染みの「テレビ電話友だち」と、1時間ほどの「長テレビ電話」をしたあと、仕事関係者などから普通の電話がかかってくると、「相手の表情が見えない」普通の電話に対して、逆に不安感を覚える瞬間すら感じるようになったのです。正直言って、こうした感覚が自分の中に芽生えるとは、テレビ電話を使い始めた頃は想像すらできなかったことです。

かの碩学ピーター・ドラッガーは、最近の著作「ネクスト・ソサエティ」でこんなエピソードを紹介しています。
今から100年以上前の1882年、ドイツの郵政省が企画した経営者向けセミナーのテーマは、なんと「電話を恐れぬ方法」だったとのことです。しかし、参加者はゼロだったばかりか、招かれた経営者は一様に「電話などは事務員が使うもので、なぜ自分で使わねばならないのだ」と怒ったというのです。
結局のところ、テレビ電話について多くの人が漠然と抱いている「不安感」も、100年前、音声電話に対して人々が感じた抵抗感と同じようなものではないかと僕は思っています。テレビ電話が普通になったら、案外、人は音声のみの通話なんて不便で物足らないと感じるようになるのではないでしょうか。
果たして携帯テレビ電話が普及するか否か、まだまだ諸説はあるようです。しかし、僕自身は自らの体験から「普及する」の方に一票を投じておこうと思います。

さて実際に、こうしたテレビ電話体験を130名ほどとしてみて、またNTTドコモが行った「テレビ電話多地点接続実証実験コンソーシアム」のメンバーにお招きいただいて、同時多人数でのテレビ電話などを体験してみたりした中で、僕なりにこのテレビ電話を使ったビジネス活用についても「いろいろなアプリケーションがあり得る」との思いは強くしたものです。
とはいえ、まだまだ「ケータイテレビ電話」はまだまだ普及前夜。もしかしたらこうした話は少し早すぎるのかもしれません。もしリクエストがあるようでしたら、こうした具体的な応用可能性などについても書いてみたいと思います。

記事提供:三田隆治(モバイルジャーナリスト・プランナー)
【関連記事】
「BREW」その将来性は?
3G 携帯の「パケット経済性」を検証する
3G のキラーサービスは動画だって?とんでもない!
iモードの「オープン化」はじまる。そのビジネスチャンスは?
あなたは「ケータイユーザー」を読み違えていませんか?

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites