Mobile

モバイル

SII、世界最小・最軽量の SD カード型 AirH" 端末を開発

japan.internet.com 編集部
2002年9月6日 / 00:00
 
セイコーインスツルメンツ株式会社(SII)は2002年9月5日、世界最小・最軽量の通信機能内蔵 SD カード型端末を開発したことを発表した。DDI ポケットが提供する「AirH"」サービスの 32k パケット方式および 64k/32kPIAFS に対応する。

この端末は、従来の PC カード型製品の性能をそのままに SD カードサイズに収めたもので、大きさは55ミリ×24ミリ、重さ約6グラム。コンパクトフラッシュ型の製品と比べ、体積で約45%、重量で約30%のサイズで実現する見込み。

現在のところ対応を予定しているのは、 SDIO インターフェースを備える PDA 「Palm m130」「m500」「m505」「m515」、東芝「GENIO e550G」「e550G/MD」「e550x」「e550X/MD」「e550」「e550/MD」。

なお、SII では、この通信機能内蔵 SD カード型端末のプロトタイプを、10月1日より幕張メッセで開催される CEATEC JAPAN 2002 「SD Pavilion」ブースにおいて参考出品する。
【関連記事】
DDI ポケット、AirH"128k サービスが準定額制でも利用可能に
DDI ポケット、 AirH" の体感速度を向上させるデータ圧縮導入
NTT フレッツ専用サービス
DDI ポケット、3月下旬に128kbpsパケット通信サービス開始
SII、日本ボルチモアと PKI 製品で提携

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites