ポケモンGOのロゴ画像
東北沿岸部で実施していたポケモンGOのイベントは再開せず終了に

拡張現実(AR)ゲーム「ポケモンGO」は、人気キャラクター「ラプラス」を東北地方沿岸部に数多く登場させるイベントを一時停止したあと、再開せず終了した。11月22日に発生した地震と、津波警報を受けた措置。

ポケモンGOは、東日本大震災からの復興支援の意味で、岩手、宮城、福島3県の沿岸部を対象に、普段は見つけにくいラプラスと遭遇しやすくなるイベントを企画。多くの人が観光や地元の人と交流する機会になるよう期待し、11月23日までの期間限定で実施していた。


しかし11月22日5時59分ごろ震度5弱の地震が発生。気象庁によると震源地は福島県沖、いわきの東北東70km付近で、震源の深さは約30km、地震の規模を示すマグニチュードは7.4と推定している。

気象庁は関東から東北の太平洋側の広い地域に津波警報を発令したあと、順次津波注意報に切り替え、22日12時50分にすべて解除した。

気象庁は津波警報・注意報を解除
22日朝の地震に関連する津波警報・注意報は解除(出典:気象庁)

ただ現地の報道などによると、住民の一時避難などで交通が混雑するなどさまざまな影響が出ている。

こうしたなか、ポケモンGOでは「現時点の状況に鑑み、明日11/23までの予定だったラプラスの出現については、本日をもって終了する」とTwitterなどで告知した。残念ではあるが、また別の機会を待ちたい。